朝礼ネタ:秋の味覚と体調管理について(例文付き)

スポンサーリンク
F564B77C-DC9E-44E1-9AB5-0D909D1AE688.png

朝礼ネタ:秋の味覚と体調管理について

(例文)秋の味覚と体調管理について

スピーチ時間:およそ1分

秋は大気が乾燥しはじめることにより、不調がでやすい時期と言われています。

そのため、秋は「身体を内側から潤す食材」をとるのがおすすめです。

柿や栗、きのこや銀杏は身体を内側から潤すと言われています。そして、里芋などの食材やスパイスで身体の巡りを良くしていくことが大切です。

季節の変わり目は何となく体調を崩しやすいというイメージがあるかもしれませんが、食材から身体を整えることがおすすめです。

また、東洋医学においても、秋は無理に大きなことをやろうとするのではなく、物事を整理して心安らかに気を巡らせていくことが大事だとされているそうです。

変化の時期に体調が整っていながら無理に動こうとするのではなく、身体も心も整えて動いていくことで、この時期を上手く過ごすことができそうです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: season3_aki.png
スポンサーリンク

秋に使える朝礼ネタ・スピーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました