朝礼ネタ:日本とインドの違いから、固定概念に縛られずに逆転の発想を(例文付き)

スポンサーリンク
踊るインド人達のイラスト

朝礼ネタ:日本とインドの違いから、固定概念に縛られずに逆転の発想を

(例文)日本とインドの違いから、固定概念に縛られずに逆転の発想を

スピーチ時間:およそ1分30秒

少し前にSNSでこんな投稿が話題になったのを皆さんは知っていますか。

日本では「他人に迷惑をかけちゃダメ」と教えられる一方、インドでは「あなたは人に迷惑をかけないと生きられないんだから、他人の迷惑も許しなさい」と教えられるそうです。

学校生活や社会人として過ごしているとどうしても迷惑をかけてしまうことがあります。

そういう時には「自分も困っていたら頼って良いし、他人が困っていたら積極的に助けよう」という考え方にとても感銘を受けました。

日本社会で生きていると「こういう風にあらねばならない」という固定概念に縛られ、いつの間にかそこから動けなくなり、柔軟な思考ができなくなってしまいます。

頭で考えるだけの頭でっかちになってしまい、言葉で表現するしかなくなってしまうのです。ですが、勉強や仕事で成果を上げる人は実際に行動し、夢中になっています。

皆さんも少しずつ、逆転の発想で伺ってみてはどうでしょうか。

情報をどこから仕入れるかか大事。朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

朝礼ネタ おすすめの本 3選

第1位:朝礼の話材280例

すぐに使える質の高い話のネタが280例掲載されています。

1冊持っている急なスピーチにも対応できるのでお勧めです。

第2位:超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48

人前に出てもあがらずにいるための極意を学べます。

明日から実践できそうなものから練習が必要なものまで様々な方法が紹介されているのでお勧めです。

第3位:元気が出る朝礼 話のネタ帳

雑学を中心にモチベーションが上がるような朝礼ネタが多数あります。

スポンサーリンク
生活ネタ雑学ネタ
スポンサーリンク
最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

コメント

タイトルとURLをコピーしました