朝礼ネタ:年末年始と日本人と宗教と(例文付き)

スポンサーリンク
十字架のイラスト

朝礼ネタ:年末年始と日本人と宗教と

(例文)年末年始と日本人と宗教と

スピーチ時間:およそ1分

ひと昔前までは12月に入ってから聞こえて来たクリスマスですが最近は11月になると特にショッピング関連から早々とクリスマスの声が聞こえて来るようになりました。

しかし、クリスマスが終わった瞬間にクリスマスツリーやデコレーションが消えて年末年始モードに切り替わるところは相変わらずですが・・・。
一方、海外に目を転じるとクリスマスツリーやデコレーションはそのままで年末年始を過ごすみたいですね。

日本の場合、キリスト教のクリスマスが終わるとすかさず担当宗教が神道・仏教に切り替わり、同時にクリスマスデコレーションから注連飾・松飾に切り替わります。
およそ10日間での切り替わりの速さたるや世界でも類を見ませんね。
夏の話ではありますが、お中元の由来は道教だそうです。

地震/津波/台風/落雷の他、昔はこれに加えて疫病/飢饉等、災害だらけの日本なので頼れるものには何にでも頼ろうという精神なのか、元々節操がないのか、知る由もございませんが、いずれにしても次を如何に楽しいものにするかを考えた方が精神的には良いかもしれません。

スポンサーリンク

冬に使える朝礼ネタ・スピーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました