朝礼ネタ:冬とクリスマス市場(例文付き)

スポンサーリンク
クリスマスツリーの設置をする人たちのイラスト

朝礼ネタ:冬とクリスマス市場

(例文)冬とクリスマス市場

スピーチ時間:およそ1分

梶井基次郎の小説『冬の日』を読むと、大正末期ごろの銀座のデパートでは、クリスマス商戦と歳末商戦を同時にやっていたのが分かります。

現在はご承知の通り、クリスマス商戦が終わってから歳末・新年商戦に突入します。恐らく当時はクリスマスに何か買う習慣が今ほど国民的になっていなかったのでしょう。

さて、このことから市場のことを考えてみますと、クリスマス市場など、市場の規模を見極めることの大切さがわかります。市場の規模が小さかった場合、参入するかどうかだけでなく、その市場を大きくしていけるかどうか考えることも必要でしょう。

あるいは、市場規模は小さなままニッチ商品を手掛けていくという手も考えられます。

つまりは、市場の規模と同時に市場の性格を掴むこと、そして自分の会社の立ち位置から考えて、そこにどういうアプローチをしていくか考えることではないかと思います。

今日も寒さに負けず、考えながら仕事をしていきましょう。

スポンサーリンク

冬に使える朝礼ネタ・スピーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました