朝礼ネタ:聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥(例文付き)

スポンサーリンク
耳に手を当ている男性のイラスト

朝礼ネタ:聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

(例文)聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

スピーチ時間:およそ2分

私は、小さい頃から人に聞くことを悪い(恥ずかしさ)という事だと思いこんでいたのです。

しかし、それは大間違いだったことに気付きました。

ある言葉と意味を親に教えてもらい、人に聞くことは決して悪いことではないことと知りました。

ある言葉とは、「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」ということです。

聞くは一時の恥は、私たちみたいな若者は聞いて当たり前のことなのです。会話で分からなかった時、初めての仕事で分からなかった時など「これでいいだろう」と思わず、「これ、どうしたら良いですか?」と聞いてください。

若い新人さんは、周りの人に聞くことによって可愛がられます。

逆に、聞かぬは一生の恥は50代、60代。70代ぐらいの方が人に聞くと相手から「こんなことも分からないのか」と思われたり、言われたりします。

だからこそ、今の若い年齢だから色々と聞いたりして良いのです。

聞いて損することはありませんが、聞くことで学習する成長は若い時だけです。
年を取るほど、恥にあわれることが多いです。

情報をどこから仕入れるかか大事。朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました