朝礼ネタ:川渕チェアマンの語録から学ぶ、挑戦することの大切さ(例文付き)

スポンサーリンク
名言集のイラスト

朝礼ネタ:川渕チェアマンの語録から学ぶ、挑戦することの大切さ

(例文)川渕チェアマンの語録から学ぶ、挑戦することの大切さ

スピーチ時間:およそ1分30秒

皆さんは日々成長したいと考えてますか?

成長するには毎日同じことやできることを繰り返しやるよりも、新しくことに挑戦する方が成長できると思います。

しかし、私も含めて人は新しいことに挑戦しようとすると腰が重くなります。その理由の一つに失敗することが怖いからだと考えます。

ただし、失敗するのが怖いとは言えず別の言葉で置き換える人がいます。

ここで、サッカーのJリーグや、バスケットボールのBリーグを発足した川渕チェアマンの発言を紹介します。

「時期尚早と言う人間は100年経っても時期尚早と言う。前例がないと言う人間は200年経っても前例がないと言う。そもそも時期尚早と言う人間はやる気がないということなんだ、でも私にはやる気がないとは情けなくて言えないから、時期尚早という言葉でごまかそうとする。前例がないと言う人間は私にはアイディアがないということなんだ。でも私にはアイディアがありませんとは恥ずかしくて言えないから前例がないという言葉で逃げようとする。仕事のできない者ほど、できない理由ばかり探して出てくる。仕事というものは、できないことに挑戦をして、できるようにして見せることなんだ」

この言葉を心に刻み、私も日々、挑戦をしていきたいと考えてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました