朝礼ネタ:花王や日本ハムがプラごみ削減へ-セヴァン・スズキのスピーチから学ぶこと-(例文付き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最新のニュース

ゴミだらけの富士山のイラスト

1月12日、花王は商品が目立つように添付するプラスチック製アイキャッチシールの生産を終了したことを発表しました。これにより約60トンのプラスチック削減につながるといいます。また日本ハムはソーセージ「シャウエッセン」の包装を見直し、袋の上部をしばる「巾着型」をやめ、長方形の袋にすることがわかりました。これによりプラスチック使用量を3割削減できるといいます。

朝礼ネタ:花王や日本ハムがプラごみ削減へ-セヴァン・スズキのスピーチから学ぶこと-

(例文)花王や日本ハムがプラごみ削減へ-セヴァン・スズキのスピーチから学ぶこと-

スピーチ時間:およそ3分

おはようございます。

日本国内にもSDGsという言葉が定着してきましたが、プラごみの削減は喫緊の課題といわれています。

4月からはプラごみ削減の新しい法案が施行され、国が特定の事業者に命令や指導、罰金といったことが出来る様になります。

そんな中ですが生活用品メーカーの花王は商品についているアイキャッチシールを終了し、食品メーカーの日本ハムは包装を見直してプラスチックの使用量を3割削減を可能にするなど企業も徐々に動き始めています。

日本でもようやくこのような取り組みがされるようになりました。

1992年にブラジルで行われた環境サミット。

当時12歳のセヴァンスズキという少女が国連会議の場で各国の指導者たちの前で堂々としたスピーチを聞いたことはありますか?

今日はその一部を抜粋してきました。彼女はこのように言っています。

「オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう

 死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。
 絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。
 そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのか、あなたは知らないでしょう。

 どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。」

地球温暖化と叫ばれてかなりの年月が経ちました。1997年に京都議定書、2015年に行われたパリ協定。

議題には上がるものの先進国と呼ばれる国に住んでいる私たちの意識はこれで何か変わりましたでしょうか?

このような形式的な合意ではなく、私たちは子供の世代のために行動することはまだまだあるのではないでしょうか。

私一人で出来ることは、エコバッグを持つことや日常で使い捨てのゴミを減らすことなど世界的にみると小さなことかもしれません。

しかし、環境問題は一人一人の意識の積み重ねだと思います。

それが数年後、数十年後に結果として現れるのだと思います。

日本はこうした環境への取り組みに関しては世界的に見ると遅れをとっているとも言われています。

環境先進国として胸を張れるように一人一人の意識から変えていきましょう。

カレンダーでみる1月の朝礼ネタ・スピーチ

1月の朝礼ネタ
12月≪        ≫2月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

日付をクリックで朝礼ネタにとびます

行事や生活でみる1月の朝礼ネタ・スピーチ

書き初め

書道のイラスト「書き初め・男の子」

年が明けて初めて書や絵をかく行事です。一般的には1月2日に行われます。

寒中見舞い
「寒中お見舞い申し上げます」のイラスト文字

寒中見舞いはがきは、一年の中で最も寒い季節に相手を気遣ってお互いの近況を報告しあう季節の挨拶状として使われたものです。最近では喪中で年賀欠礼したことや訃報が行き届かなかったことへのお詫びを示したり、喪中の相手を気遣うお見舞いなどに使われています。

鏡餅
鏡餅のイラスト(二段・飾りあり)

鏡餅は、新年の神様である「年神様」の依り代(神霊が依り憑く対象物)といわれています。そもそも一連のお正月行事というのは、新年の神様である「年神様」を家に迎えて・もてなし・見送るための行事で、そのお迎えした年神様の居場所が鏡餅といわれています。

おせち料理
おせち料理を食べる家族のイラスト

「おせち」とは季節の節目に当たる「節(せち)」の日を指す言葉です。かつて平安時代の朝廷は、正月を含む5つの節に「五節会(ごせちえ)」の儀式を行い、特別な料理である「御節供(おせちく)」を神に供えていたことが始まりといわれています。

年末年始無災害運動(12月15日~1月15日)
「安全第一」のマーク3

年末年始無災害運動は、働く人たちが年末年始を無事故で過ごし、明るい新年を迎えることができるようにという趣旨で、昭和46年から始まりました。

「はたちの献血」キャンペーン(1月1日~2月29日)
献血のイラスト

毎年1月と2月は寒さで献血者が減ることから、成人の日に合わせて献血への理解を深めることを目的にキャンペーンを行っています。

防災とボランティア週間(1月15日~1月21日)

ゴミ拾いのボランティアのイラスト(女性)

毎年1月17日の「防災とボランティアの日」の前後一週間を防災とボランティア週間と定めています。

冬に使える朝礼ネタ・スピーチ

2022年1月 最新のニュース・時事ネタの朝礼・スピーチ

1月1日朝礼ネタ:2022年幕開け-「寅年」はどんな年になる?-(例文付き)
1月2日朝礼ネタ:2022年から大きく変わる”2つ”のこと(例文付き)
1月3日朝礼ネタ:新年3日目は大荒れ-3首を温めて冬を乗り越えよう-(例文付き)
1月4日朝礼ネタ:箱根駅伝、青山学院が返り咲いて総合優勝-主体性を持つということ-(例文付き)
1月5日朝礼ネタ:新規感染者が3ヶ月ぶりに1000人越え-第6波に突入か-(例文付き)
1月6日朝礼ネタ:2021年の交通事故の死者数が過去最小を更新-冬道の事故の原因と対策-(例文付き)
1月7日朝礼ネタ:新型コロナの感染者が全国で急増-引き続き感染対策を-(例文付き)
1月8日朝礼ネタ:関東で積雪、首都高で大規模渋滞が発生-冬場の交通安全対策-(例文付き)
1月9日朝礼ネタ:ローソンのホットミルクの販売数が約18倍、年末年始の牛乳廃棄は回避-企業の存在意義-(例文付き)
1月10日朝礼ネタ:3県にまん延防止等重点措置を適用-継続してコロナへの対策をしましょう-(例文付き)
1月11日朝礼ネタ:新型コロナ感染者、1週間で10倍に増加-コロナ鬱、日光浴のススメ-(例文付き)
1月12日朝礼ネタ:体操界のレジェンド、内村航平が引退-好きだけじゃ続かない-(例文付き)
1月13日朝礼ネタ:NYのマンションで最悪の火災-消火器について-(例文付き)
1月14日朝礼ネタ:清宮幸太郎が新庄ビッグボスの期待に応えて9キロ減-ダイエットも仕事も先を見据えて-(例文付き)
1月15日朝礼ネタ:ウーバーイーツの配達員の自転車事故が業務上過失致死罪で在宅起訴-自転車の運転に気をつけよう-(例文付き)
1月16日朝礼ネタ:大学入学共通テストが始まる-巨人の肩の上に立つ-(例文付き)
1月17日朝礼ネタ:トンガ沖海底火山の噴火が影響で津波警報発令-避難時に意外と役に立ったもの-(例文付き)
1月18日朝礼ネタ:新型コロナの感染者が過去最多-「情動感染」人の気持ちは伝染する-(例文付き)
1月19日朝礼ネタ:花王や日本ハムがプラごみ削減へ-セヴァン・スズキのスピーチから学ぶこと-(例文付き)
1月20日朝礼ネタ:1都12県にまん延防止措置等重点措置へ-やってる感で過ごしていませんか?-(例文付き)
1月21日朝礼ネタ:PCサポート詐欺で3人を逮捕-騙されない対策とは?-(例文付き)
1月22日朝礼ネタ:「クレベリン」が景品表示法違反で措置命令-優良誤認表示とは-(例文付き)
1月23日朝礼ネタ:4月からうまい棒が値上げへ-やおきんの柔軟な社風-(例文付き)
1月24日朝礼ネタ:新型コロナ、全国の1日感染者数5万人超え-今年は強気で行きたい寅年-(例文付き)
1月25日朝礼ネタ:コロナ禍の影響でがんの診断、治療が6万件減-コロナで検診控える人が増加-(例文付き)
1月26日朝礼ネタ:まん延防止等重点措置、18道府県追加へ-コロナ禍の体調管理-(例文付き)
1月27日朝礼ネタ:電車内で喫煙、注意した高校生を暴行-見て見ぬふりしていませんか?-(例文付き)
1月28日朝礼ネタ:姫路市で6分以上にわたり煽り運転-あおり運転対策について-(例文付き)
1月29日朝礼ネタ:アップル・マイクロソフトが過去最高の純利益-変化に強い企業-(例文付き)
1月30日朝礼ネタ:濃厚接触者の待機期間を10日から7日へ短縮-失うものがあれば得るものもある-(例文付き)
1月31日朝礼ネタ:沖縄県でコロナ感染がピークアウトの可能性-気分転換には散歩-(例文付き)

コメント

タイトルとURLをコピーしました