朝礼ネタ:今が一番若い(例文付き)

スポンサーリンク
若い政治家のイラスト(男性)

朝礼ネタ:今が一番若い

(例文)今が一番若い

スピーチ時間:およそ2分

「新しい朝が来た、希望の朝だ」

という国民的体操の歌詞がありましたが、よくよく考えれば人間を含む全ての生き物は、毎日死に向かっているともいえ、その意味では必ずしも、“希望の朝”というようなさわやかなものではありません。

今ここで、眠いなあとか、早くお休みにならないかなぁと思いながら、仕事前の朝礼中の我々にとっても、朝はそんなに清々しいものではないですよね。


でも、毎日、死に向かっているということは、人生の中で、「今が一番若い」ということです。この言葉、一部では放送作家だった故・永六輔さんの言葉だったとも言われていますが、本当のところは定かではありません。


出所ははっきりしませんが、この「今が一番若い」という言葉、私は名言だと思います。「今が一番若い」ということは、今が一番頑張れる時であることを意味しています。


私達は仕事にしても、趣味にしても、何となく「また後でやれば良いや」と後回しにしてしまうことが多くあります。でも、今日が一番頑張れる時なんだと思えば、今日1日の過ごし方も変わるかもしれません。

手に入れたい、朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました