朝礼ネタ:朝起きたら朝日を浴びましょう(例文付き)

スポンサーリンク
朝のイラスト

朝礼ネタ:朝起きたら朝日を浴びましょう

(例文)朝起きたら朝日を浴びましょう

スピーチ時間:およそ2分30秒

新入社員の方は新しい職場に慣れて頂きましたでしょうか。

新たな環境や不慣れな電車通勤では知らず知らずのうちに身体的ストレスだけでなく、精神的ストレスも感じているものです。

また一方で、当社においてはコロナ禍になって以降、週に数日のテレワークを導入していることから、在宅での長時間姿勢、パソコン画面の凝視による目の疲れ、外出制限による運動不足によりかなりのストレスを感じることも増えると思います。

また一方で、隣国においては侵略紛争が起こり、戦争報道による見るに堪えない過激な映像を知らないうちに目にすることになり、それもまた無意識下でストレスになっている可能性もあります。

さて、ストレス軽減において、最も重要なことは何と言っても「睡眠」であります。

成人での最適な睡眠時間としては約8時間睡眠が推奨されていますが、多忙な新年度体制となり、また住居環境や家族構成が変化した方も多いですから、なかなか睡眠時間の確保は難しいと思われます。

「睡眠」は「量」を気にすることも大切ですが、やはり睡眠の「質」が重要であるように思います。寝る前の飲酒、いわゆる「寝酒」は寝付きをよくしますが、就寝中にも肝臓はアルコール分解により活動していますので、例え脳は眠っていても体に負担がかかっていることから、良質な睡眠とは言い難いです。

睡眠リズムを正確に維持する為に最も良いと言われている方法は朝起きたら先ずは窓とカーテンを開けて朝日を浴びることだと言われています。その理由は「1日は24時間ですが、体内時計は25時間であること」に起因してます。睡眠リズムが狂うと、この体内時計がどんどんと遅れて、実際の時計の24時間とは離れていき、体内時計が狂うそうです。それをリセットしてくれるのが「太陽の光」であると言われています。

生活リズム、睡眠リズムが狂っている方は、睡眠を確保する為に、是非、朝起きたら先ずは朝日を浴びることを実践してみて下さい。それでは本日も安心安全を心がけて、各自の作業を宜しくお願いします。

【朝礼ネタの参考アプリ】

dmenuニュース 無料で読めるドコモが提供する安心信頼のニュースアプリ

スマホアプリのdmenuニュース

dmenuニュースは、スマホでニュースを見る人には、使いやすいアプリです。
新聞以上に情報量も多く、今は新聞を買って読む必要性はあまり高く無いかもしれません。
特にdmenuニュースは、シンプルで使いやすいニュースアプリです。
芸能情報やゴシップ記事が不要なビジネスマンや投資家には最もおすすめです。

最新のニュースを無料で閲覧できます。
(お店で使えるクーポンもあります)

コメント

タイトルとURLをコピーしました