朝礼ネタ:気になる敬語「させていただく」について(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:気になる敬語「させていただく」について

(例文)気になる敬語「させていただく」について

スピーチ時間:およそ1分

上司などの目上の方には「~させていただきます。」という言葉をよく使います。

この言葉は「~をさせてもらう」という謙譲語で間違っているわけではありません。

しかしながら、何となく気になる方も多いのではないでしょうか?

その原因は、使い方によっては不自然になるからです。つまり、何にでも使えるというわけではない言葉なのです。

たとえば、同窓会の招待の返事をする場面で「参加させていただきます」のように相手に許可や承諾を得るときは正しい使い方です。

一方、「プログラムを変更させていただきました」は不適当です。これは、相手に関係ないことだからです。

本来は「プログラムを変更いたしました」となります。ちょっとした違いですが、上手に使い分けましょう。

情報をどこから仕入れるかか大事。朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

朝礼ネタの情報収集おすすめアプリ 

第1位:スマートニュース

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

第2位:dmenuニュース

スマホアプリのdmenuニュース

dmenuニュースは、スマホでニュースを見る人には、使いやすいアプリです。
新聞以上に情報量も多く、今は新聞を買って読む必要性はあまり高く無いかもしれません。
特にdmenuニュースは、シンプルで使いやすいニュースアプリです。
芸能情報やゴシップ記事が不要なビジネスマンや投資家には最もおすすめです。

最新のニュースを無料で閲覧できます。
(お店で使えるクーポンもあります)

スポンサーリンク
生活ネタ
スポンサーリンク
最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

コメント

タイトルとURLをコピーしました