朝礼ネタ:「相手に伝える」のではなく「相手に伝わる」言葉遣いをしよう(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:「相手に伝える」のではなく「相手に伝わる」言葉遣いをしよう

(例文)「相手に伝える」のではなく「相手に伝わる」言葉遣いをしよう

スピーチ時間:およそ1分30秒

皆さんは日々会話をするときにどのように言葉を選んでいますか?

私は常にどの言葉、単語を使えば、効果的に相手に伝わるか、を考えています。

例えば、インターネットの使い方を教えるとして、ご老人と小学生では使う言葉を変えています。

皆さんも、意識はしていないかもしれませんが、きっと変えています。

話し方、スピード、抑揚のつけ方、単語、所作。

どれをとっても同じ話し方で万人に伝わることはありません。

相手を知り、自分の言葉で、自分の意図をどのように伝えるか。

相手に話すのではなく、相手に理解してもらって初めて伝わったと言えます。

皆さんはちゃんと相手に伝えることができていますか?

その言葉は相手に理解してもらえていますか?

相手の理解が足りないと思考を放棄していませんか?

今一度立ち返り、相手に伝わる、理解してもらえる話し方を考えてコミュニケーションをとれば、

自然に業務がスムーズに進むようになるかと思います。

相手を考え、思いやった言葉選びで自分の意図を正確にくみ取って貰い、気持ちよく業務ができる一日にしましょう!

朝礼ネタ おすすめの本 3選

第1位:朝礼の話材280例

すぐに使える質の高い話のネタが280例掲載されています。

1冊持っている急なスピーチにも対応できるのでお勧めです。

第2位:超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48

人前に出てもあがらずにいるための極意を学べます。

明日から実践できそうなものから練習が必要なものまで様々な方法が紹介されているのでお勧めです。

第3位:元気が出る朝礼 話のネタ帳

雑学を中心にモチベーションが上がるような朝礼ネタが多数あります。

スポンサーリンク
生活ネタ
スポンサーリンク
最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

コメント

タイトルとURLをコピーしました