朝礼ネタ:「安全第一」に続く言葉は?(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:「安全第一」に続く言葉は?

(例文)「安全第一」に続く言葉は?

スピーチ時間:およそ2分

「安全第一」という言葉は聞いたことがありますか?

工場などモノづくりの現場にはスローガンとして良く掲げられています。


「安全」が「第一」ということは、「第二、第三」は何だと思いますか?この言葉には続く言葉があります。

もともと「安全第一」というスローガンは、アメリカで生まれました。1900年代初めのアメリカは不景気真っ只中でした。


当時、世界規模の製鉄会社「USスチール」の社長のエルバート・H・ゲーリーは「生産第一、品質第二、安全第三」という経営方針を掲げていました。
生産最優先の考え方でした。

しかし、労働者が働く作業環境は悪く仕事も危険なものが多くあり、多くの労働災害が発生し労働者を苦しめていました。


その苦しむ姿に心を痛めた社長は、この経営方針を変更し、「安全第一、品質第二、生産第三」に変更しました。
すると驚くことに、会社や従業員の意識が改革され、労働災害は減少したそうです。

第二第三の言葉(品質と生産)は薄れていきましたが、この「安全第一」というスローガンはアメリカ全土に広がり、その後全世界に広がっていきました。


この「安全第一」というスローガンにはそんな歴史がありました。
日頃見慣れた「安全第一」という言葉ですが、今一度良く考えてみましょう。

もう試しましたか?朝礼ネタの参考アプリ

dmenuニュース 無料で読めるドコモが提供する安心信頼のニュースアプリ

スマホアプリのdmenuニュース

dmenuニュースは、スマホでニュースを見る人には、使いやすいアプリです。
新聞以上に情報量も多く、今は新聞を買って読む必要性はあまり高く無いかもしれません。
特にdmenuニュースは、シンプルで使いやすいニュースアプリです。
芸能情報やゴシップ記事が不要なビジネスマンや投資家には最もおすすめです。

最新のニュースを無料で閲覧できます。
(お店で使えるクーポンもあります)

朝礼ネタの情報収集おすすめアプリ 

第1位:スマートニュース

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

第2位:dmenuニュース

スマホアプリのdmenuニュース

dmenuニュースは、スマホでニュースを見る人には、使いやすいアプリです。
新聞以上に情報量も多く、今は新聞を買って読む必要性はあまり高く無いかもしれません。
特にdmenuニュースは、シンプルで使いやすいニュースアプリです。
芸能情報やゴシップ記事が不要なビジネスマンや投資家には最もおすすめです。

最新のニュースを無料で閲覧できます。
(お店で使えるクーポンもあります)

スポンサーリンク
雑学ネタ
スポンサーリンク
最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

コメント

タイトルとURLをコピーしました