朝礼ネタ:自分の無知を知っている(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:自分の無知を知っている

(例文)自分の無知を知っている

スピーチ時間:およそ1分30秒

みなさん「無知の知」という言葉はご存知でしょうか。

「哲学の父」とされるソクラテスの有名な言葉の一つです。

「無知の知」とは自分に知識がないことを自覚しているという概念で、自分に知識がないことに気づいたものは、それに気づかない者よりも賢いのだということを意味しています。

私はこの言葉に高校の倫理の授業で出逢ったのですが、その当時の倫理の先生はテストで分からない問題があったときに、この「無知の知」を解答用紙に書くと点数をくれる茶目っ気たっぷりな先生でした。

私は大人になってこの先生を振り返ると、先生はこんなことを伝えたかったのではないでしょうか。「自分の分からないことは分からない」と認めることができ、それを周りの人に聞くことができるような大人になって欲しい。

大人になると色々なものが邪魔して素直に自分の無知や非力さを認め、それを周りに開示することにハードルを感じてしまうかもしれません。

でもソクラテスは言います、「自分の無知を認められる人間こそが最も賢いのだ」と。

今日は自分にも分からないこと知らないことがあると自覚したり、小さな疑問も積極的に周りの人に伝えてみる日にしてみましょう。

2022年買ってよかったおすすめアイテム

1位:Nintendo Switch ニンテンドー スイッチ

2位:疲れにくいゲーミングチェア

3位:電動歯ブラシ フィリップス

スポンサーリンク

朝礼ネタ おすすめの本 3選

第1位:朝礼の話材280例

すぐに使える質の高い話のネタが280例掲載されています。

1冊持っている急なスピーチにも対応できるのでお勧めです。

第2位:超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48

人前に出てもあがらずにいるための極意を学べます。

明日から実践できそうなものから練習が必要なものまで様々な方法が紹介されているのでお勧めです。

第3位:元気が出る朝礼 話のネタ帳

雑学を中心にモチベーションが上がるような朝礼ネタが多数あります。

日本語
スポンサーリンク
最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

コメント

タイトルとURLをコピーしました