「台風」の朝礼ネタ・スピーチ厳選!まとめ【例文付き】 | 最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

「台風」の朝礼ネタ・スピーチ厳選!まとめ【例文付き】

台風

当サイトの数ある朝礼ネタの中から、注目ワード「台風をテーマにした朝礼ネタをまとめました。すべてそのまま使える例文付きです。朝礼ネタだけでなく雑談や営業の小話にも使えます。ご活用ください!

「台風」の朝礼ネタまとめ

台風の季節に備えて

8月というのは手紙などの季語では「立秋」という言葉を使ったりします。

秋が立つ、即ち夏の終わりを意味します。

暑さはまだまだこれからなのですが、このころになるとやはり心配されるのが、台風の接近や上陸によって、大きな災害が起こらないかと気になります。

しかし、かといって当然ながら仕事は容赦なく待ってくれません。

台風の季節が来れば来たなりの臨機応変が求められます。

悲しいですが我々は自然の驚異に逆らうことはできませんので、それぞれが創意工夫をして、助け合ってポジティブに行きましょう。

「このくそ忙しいのに台風なんてきやがって!」と怒ってもあちらは「すみません」と謝ってコースをそらしてくれませんからね。

みんなで起こるかもしれないリスクや事故を未然に防ぐための方法を、今から準備してがんばりましょう。

台風と情報

日本は自然が豊かな国ですが、自然災害が多い国でもあります。

今日は台風について話したいと思います。

台風は発達した天気予報のおかげで、何日か前から自分の住んでいる地方に来るか来ないかわかります。情報があるわけです。

夕方から大雨になるということも分かります。それにもかかわらず、まだ大丈夫だろうと外出してずぶぬれになったという経験が私にはあります。

台風の雨は大粒でしかも横殴りです。

体の底から冷えて、風邪をひいてしまいました。せっかく確かな情報があるのに油断して大失敗してしまったわけですね。

仕事でも同じようなことがあると思います。

これだけ情報網が発達している時代、注意していれば有益な情報が山のようにあります。

それを生かすもころすも自分次第です。

皆さんも私の台風のような事にならないように注意してください。

台風も仕事もしっかり備えることが大事

台風シーズンがやってきましたね。


地震と同じで日本ではどこでも台風が通過する可能性があるため、個人や家族で台風への備えをしている方も多いかもしれません。

懐中電灯やロウソク、水や非常食などに加えそれぞれの日常生活で必要な物も揃えて備蓄しておくことが大切です。


台風が来るのは当たり前と思って事前に準備をしておけば、いざその時に慌てたり困ったりすることなく安心できますよね。


仕事も実はこれと同じで、準備が大きな意味を持っているんです。

あれもこれもと過度に行う必要はありませんが、各自の業務上必要なことやそうなる可能性のあることについては、下調べや資料を用意しておくなど事前の周到な準備が後の助けになることがあります。

仮に準備しておいたことが不要になってもそれは別に無駄になった訳ではなく、確実に皆さんの身に付いた知識や糧となります。


ネガティブなことに備えて結果をポジティブにするために、日頃から色々と考えてみてくださいね。

台風をプラス思考に考える

おはようございます。

夏は旅行にレジャーに楽しいことがたくさんありますが、毎年欠かさず日本にやってくる台風はなかなか厄介なものです。

畑が滅茶苦茶になったり、海が荒れたり、旅行の計画が潰れたり。近年では気象庁の予測から外れた経路や威力になることが多く、人間がどれだけ知恵をつけても大自然を完全にコントロールできないのだと痛感させられます。

台風など来なければいい、と言いたいところですが、実は水不足の解消に台風が貢献しているのをご存じですか?

蛇口をひねれば必ず水が出る時代。

しかしそれを支えているダムは少なくない頻度で水不足に悩まされています。

それを一晩で解決してくれるのが台風による豪雨なのです。

また台風には海や大気を循環させる役割もあり、実は地球上の生態系を保つために欠かせない存在です。

激しい風雨で気が滅入る人も多いでしょうが、そんな時「台風も自分の仕事をしているんだな」と思うと、少しだけ気がまぎれる気がしませんか?

もっとも、それでも愚痴のひとつも言いたくなるかもしれませんが。

ポジティブシンキングで今日も一日頑張りましょう。

備えて安心、台風シーズン

いよいよ台風のシーズンに突入しました。

台風は多く発生する年とそうでない年とありますが、発生数は8月9月が多くなっています。

台風は他の災害と違って進路予想などいろいろな予報ができるので備えをすることで被害を抑えられる災害とも言えます。

そんな備えですが、皆さんは自宅や通勤経路、勤務先のハザードマップは確認したことはあるでしょうか?

どこで何が起こるか日頃から想定しておくことが被害を少なくすることの第一歩です。

まずはハザードマップの確認をしてください。
そして何が起こりそうか想定出来たらその備えを考えてください。

避難が必要になりそうなら避難セットがいるでしょうし、車での通勤なら水没しない別の経路を見つけておくなどできることはいろいろあります。

普段のちょっとした時間を使って是非やっておいてください。

水没した車からの脱出方法

おはようございます。

今日は、大雨による災害を受けて、重要な情報を共有したいと思います。

それは、もし車が水没し、その中に閉じ込められたときの脱出方法です。

とある実験によれば、水深が30cm、60cm、90cm、120cmのいずれであっても、車のドアは開けることが可能です。しかし、車が傾いていたり、水圧によっては開けられないこともあり、一概にすべてが開けられるというわけではありません。

まさにこのような状況はパニックになることが多く、冷静な判断が難しいかもしれません。しかし、そんな時こそ、落ち着いて行動を取ることが命を守るために重要です。

車内から脱出するための一つの方法として、脱出用ハンマーを使って窓ガラスを叩く方法があります。

これにより、一発で窓ガラスを割り、脱出することが可能になります。

このような緊急時に備えて、脱出用ハンマーを車内に常備することを強くお勧めします。この小さな準備が、いざという時に大きな違いを生むかもしれません。

以上、大切な命を守るための情報でした。それでは皆さん、今日も一日、安全第一で仕事をしていきましょう。

貯めたポイントはアマギフ、PayPay、楽天ポイントなどと交換

トクトクソリティア

ソリティアをクリアするとポイントがもらえる。
ソリティアで遊ぶならついでにポイントがもらえるほうがお得!

貯めたポイントはアマギフ、PayPay、楽天ポイントなど好きな種類と交換できる

筆者について

   大谷

最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集の編集長

経歴:大学卒業▶リクルート入社▶メディア系のライターに就職▶最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集を運営●スピーチライター、就職アドバイザーが専門●北海道出身の31歳

新着記事が更新されましたらTwitterの@kazu01694303でお知らせいたします。

タイトルとURLをコピーしました