朝礼ネタ:徳川家康の名言から、困難に立ち向かう姿勢を学ぶ(例文付き) | 最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

朝礼ネタ:徳川家康の名言から、困難に立ち向かう姿勢を学ぶ(例文付き)

朝礼ネタ:徳川家康の名言から、困難に立ち向かう姿勢を学ぶ

(例文)徳川家康の名言から、困難に立ち向かう姿勢を学ぶ

スピーチ時間:およそ1分30秒

おはようございます。

今日は、徳川家康の名言を一つ紹介します。

「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。」

人生の旅は長く、多くの困難や試練を乗り越えて進むことを表しています。

「泣かぬなら泣くまで待とうホトトギス」とも称される家康は、急ぐことよりも、着実に目標に向かって進むことが重要と説いています。

そして、その過程には必ず重荷があり、苦労や挫折を経験しながら生きていくことが必要になってくるということです。

我々も日々において、仕事のミスやお客様からのご指摘で辛い思いをしたり、もう仕事をしたくない!なんて思うことあるかもしれません。

そんなときには家康の生き方、この名言を思い出して困難に立ち向かっていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました