「食事・食べ物」の朝礼ネタ厳選!5選【例文付き】

スポンサーリンク
食事の画像

当サイトの数ある朝礼ネタの中から、注目ワード「食事」をテーマにした朝礼ネタを5個まとめました。すべてそのまま使える例文付きです。朝礼ネタだけでなく雑談や営業の小話にも使えます。ご活用ください!

スポンサーリンク

「食事」朝礼ネタ5選

ランチョンテクニック

食事をする子供たちのイラスト

初めて会った人やビジネスの場で手っ取り早く仲良くなる方法として

ランチョンテクニックという方法があります。

人は食事中に聞いた話は好意的に受け取りやすい特徴を持っており、「同じ釜の飯を食う」という言葉通りの方法です。

一緒に同じ料理を食べて、感想を述べ合うことで互いに緊張感がほぐれ、心の距離をぐっと縮めることができます。

料理を食べることの出来ない商談の場などでは

コーヒーや飴を出したりするだけでも同様の効果が得られます。

販売や営業は、話法だけで押し通しても上手くはいきません。

いかに相手にリラックスさせるか。そしてその雰囲気をいかに演出できるかだと思いますので

このテクニックを是非みなさんも使ってみてください!

プロスポーツ選手から学ぶ健康管理

141C4CCF-DF48-499C-BEF5-8CE9C66BBA7A.png

皆さんプロスポーツ選手はどういう食事を摂っていると思いますか。鶏肉やブロッコリー、果物、ご飯をしっかり食べて、加工食品やお酒、油っこい料理は控えているという印象がありますね。

なぜそういう食事を摂っているのでしょうか。それはプロスポーツ選手はスポーツで結果を出して成績を残さないといけないからですね。

結果を残さないと選手として契約が切れてしまいます。だから自分と同じくらいの高いレベルの選手たちとしのぎを削るために、食事も意識して良い物を食べているのです。

ところで皆さんの食事はどういった内容ですか。菓子パン、カップラーメン、唐揚げ、アイスクリーム、お酒など不摂生はしていませんか。

私たちはプロスポーツ選手ではありませんが、会社から給与を受け取り、会社の売上を伸ばすことに貢献しているプロです。体調管理ができないようではプロ失格です。日々の食事を大切に、本日も良い仕事をしていきましょう。

若者に増えている新型栄養失調とは?

新型栄養失調という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

それはカロリーなどの栄養素、糖質、脂質は摂取できているのに、身体の調子を整えていくミネラル、ビタミンなどの栄養素が不足してしまっている事を指した言葉です。
つまり、きちんと食べているのにもかかわらずに栄養不足になってしまっているのがこの新型栄養失調の恐い所です。

この偏った食事には病気になる危険性が多大にあると結果が出ております。

改善する方法は単純で

野菜や魚、肉などを加工されていないありのままの形で購入し、自ら調理をすることです。

コンビニ弁当やサラダなど一見野菜が入っていても、食中毒対策等で加熱処理がされ、添加物入りの水にさらしているそうです。

料理をするのには時間がかかりますが

健康な身体は何ものにも代え難いものですので、皆さんも食生活を気にしてみてはいかがでしょうか。

腸活して免疫力を高めよう

元気な腸のイラスト

今コロナの影響もあり、自分自身で自分の免疫力を高める本などが流行っています。

日本人は昔は穀類などを食べ、食物繊維を多くとる食事をしていました。

しかし近年欧米食などが好まれるようになり、お肉などを食べる機会が多くなり腸の中の微生物が変わってきているそうです。

昔に比べて食物繊維、野菜、植物性食品を食べる量が3分の1程減っている為、肥満に関係してる細菌が腸に多く現れます。

その為、食物繊維を多く食べる事で増える細菌を増やすことが大事なんです。

また食物繊維を食べる事によって増えた細菌のお陰で減量することが出来た実験もあるそうです。

近年は何処でもなんでも食べられるような時代になり、栄養過多を言われています。

また40代を過ぎると筋肉の低下が著しく代謝も落ちていきます。

腸の環境を整える事によって、自然と健康的な体を手に入れる事が出来ます。

今の食事では野菜が全然足りないので、是非野菜、食物繊維を多く食べる事を心がけましょう。

朝食を食べると仕事の能率があがる?

突然ですが、みなさんは毎日朝ごはんを食べていますか? なんとなく食べたほうがいいと聞いたことはあるけど、朝はギリギリまで寝ていたい、起きてすぐは食欲がないなど、朝食を抜くといったことはありませんか?

食事をしっかりとることは健康の上でとても大切なことです。

きちんと朝食をとると、

・脳や身体が活発になる

・体内リズムを整える

・太りにくい身体になる

・集中力と仕事の能率UP

・便秘解消

といったたくさんの効果が期待できます。

特に集中力、仕事の能率が上がるというのは、仕事をする上でとても大事ですよね。

集中力は脳の唯一の栄養であるブドウ糖によって上がります。そのためには、朝ごはんに炭水化物をしっかり摂ることが必要です。午前中に集中して仕事をすることができれば、作業の能率は格段によくなるはずです。朝に集中力が上がらない時は、白ごはんやパンなどを食事に取り入れ、ブドウ糖を摂取してみてください。

朝は時間がないものですが、朝ごはんを食べるためにほんの少し早起きするだけで、心も身体も健康になり、仕事がうまくいくようになり、更に人間関係も円滑になるかもしれません。また、朝ごはんを食べることで気分やモチベーションも上がります。

朝からしっかり栄養を摂れる食事をして、一日の仕事や勉強、運動に全力で取り組めるような体作りを進めていきましょう。

ポリフェノールで身体を健康に

ポリフェノールは抗酸化作用があるため、体をさび付かせることを防いでくれます。

ガンになりにくい体質になるには有効だと言われています。

ポリフェノールと言えば赤ワインが有名ですが、毎日毎日赤ワインを飲むわけにもいかないので、私は赤ワインの代わりに、ぶどうジュースを飲んでいます。

濃縮還元100%のブドウジュースです。これを毎晩コップ1杯飲むことにしています。

赤ワインも2週間に1度くらいのペースで飲んでいます。

お酒を飲む場合はおつまみもセットですから、結構な金額になります。

私の場合は、赤ワインのおつまみにローストビーフやブルーチーズなどを食べるのが好みです。赤ワインはフルボディのどっしりとしたワインが好みなので、おつまみはどうしても重いものになります。

私は比較的お酒が強い方なので、750mlのボトル1本は一晩で空けてしまいます。

二日酔いにならないよう、寝る前にレモン水を飲むようにしています。

これからも、毎日のポリフェノール摂取で健康に努めていきたいと思います。

毎日食べるもので身体ができる

リンゴを食べる男の子のイラスト

栄養について、興味はありますか?

関心を持って、ご自身の食べ物に気を遣っていますか?

そうでない方がもしいるのであれば、今日から少しのことに気をつけるだけで、毎日の生活の質がグッと上がります。

例えば、消化に時間がかかるものを知らず知らずのうちに夕飯で食べてしまっているかもしれません。そうすると、消化不良で睡眠の質が下がり、翌日の仕事に影響が出ます。

脂っこいものを食べるのであれば、最低でも寝る5時間前までに食べ終えておかないと、寝る時にお腹の中でまだ消化が続いているのです。

夜食べるものを消化のいいものに変える、つまり、うどんや植物性タンパク質などの消化が完了するのが早い食材に変えるだけで、睡眠を深く気持ちよく摂ることができます。

毎日のお仕事に耐えられる身体を作るには、まずは食事に気をつけ、睡眠に気をつけることが大切です。

騙されたと思って、ぜひ三日、実践してみてください。

筆者について

   大谷

最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集の編集長

経歴:大学卒業→20代で5社を経験→30代専業ライター

20代で人事部や総務部などを経験し、30代になった現在はあらゆるスピーチのライターを専門として様々なサイトの運営に関わっています。

完全無料!朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました