「花粉症」の朝礼ネタ厳選まとめ【例文付き】 | 最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

「花粉症」の朝礼ネタ厳選まとめ【例文付き】

花粉の画像

当サイトの数ある朝礼ネタの中から、注目ワード「花粉症」をテーマにした朝礼ネタをまとめました。すべてそのまま使える例文付きです。朝礼ネタだけでなく雑談や営業の小話にも使えます。ご活用ください!

「花粉症」朝礼ネタ

花粉症と布団干し

おはようございます。

春の訪れと共に、花粉の問題も顕著になってきますね。

特に花粉症の方にとっては、日常生活の中でさまざまな対策を講じる必要があります。

その一つが、ふとんの取り扱いです。

通常、ふとんは外に干すことで日光を浴びさせ、ダニや湿気を取り除くことが一般的です。

しかし、この時期に外にふとんを干すと、花粉がふとんに付着するリスクが高まります。花粉が付着したふとんをそのまま使用すると、睡眠中に花粉を吸い込んでしまい、花粉症の症状が悪化する可能性があるといいます。

せっかくの天日干しで花粉症を悪化させては本末転倒ですので、ふとん乾燥機の利用やどうしても天日干しをしたいときには、ふとんを叩いて掃除機で吸ってから中に取り込むといいらしいですよ。

それでは、今日も一日、健康に注意しながら業務に励みましょう。

花粉症とコロナとマスク

すでに当たり前となった皆さんのマスク姿ですが、この時期はコロナ前から花粉症でマスクは欠かせない季節でした。

今年は厳しい寒さの影響で例年よりも遅い観測です。

花粉症の方はこれからコロナとのダブルパンチでしんどい日が続きますね。

今となっては誰が花粉症なのかも分からない、そしてマスク姿になれてしまい、目元だけしか見えない、お互いの顔を覚えるのも難しくなってきました。

仕事中でもマスク姿がほとんどで、業務連絡も聞き取りづらい状況も多々あります。

マスクでの感染予防や花粉の防止など、良い面もあれば、仕事での業務に差し支える場面もあると思います。

マスク1つで目の前の相手への認識が大きく変わっている部分もあります。

そんな時、しっかりと目の前の相手に意識を向け、観察し、情報を受け取る姿勢が大事になってきます。

また、自分も相手へ何かを伝えるときに、伝わっているか、相手の反応をよく見て観察し、伝わっているのかの確認を大事にしていきたいと思っています。

業務で大切な「報連相」と言いますが、どれも確認を怠らないよう、気を付けていきたいと思います。

皆さんもお互いに気持ちの良いコミュニケーションがとれるように、少し意識を向けて業務に向かっていただければと思います。

花粉症とアレルギーについて

寒さの緩む日が多くなってきた今日この頃、これからの時期花粉症に悩まされる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

今朝はアレルギーについてお話させてください。戦後、主に建材としての使用を目的に植林されたスギ樹木の手入れが疎かになったことにより花粉症患者数が増加していることはご存知ですね。

では、アレルギー対策として何が有効か考えますと一番に思いつくのがアレルギー薬の服用ですよね。

しかし、できるだけ自然療法でなんとかしたいという方へ日光浴をお勧めします。

人間の体は異物が侵入すると免疫システムのバランスが崩れアレルギーが発症します。

このバランスを整えるには日光に当たることで生成されるビタミンDが有効だということが明らかになりました。

ビタミンDは免疫機能の維持、免疫を高める働きが期待される必須のビタミンなのだそうです。つ

まり一日20~30分程度の散歩やウォーキングで適度に日光に当たり心身共に健康な体作りを心がけることが大切です。

花粉症にはビタミンD

春は桜を始め、道を歩くとたくさんの花が咲いていて、目に楽しい季節ですね。が、春といえば花粉を連想する方も多いでしょう。

花粉症の人にとっては仕事に集中するのも難しい時がありますね。

薬を飲んで心ならずも睡魔が襲うこともあるでしょう。

花粉症の原因としてはスギやヒノキ花粉が有名ですが、いわゆるアレルギー性鼻炎の原因となる花粉にはほかにもシラカンバ、ヨモギ、イネやブタクサなどもあります。

つまり年間を通してアレルギー反応が起こりえる花粉は飛んでいる、ということになります。

こういった「異物」が体に入った時に働くのが免疫システムですが、この免疫システムに良い作用を与えるのがビタミンDなのだそうです。

このビタミンDはキノコ類や魚介類に多く含むそうですが、日光にあたることでも生成されるそうです。

少しでも症状が軽減して仕事や普段の生活が改善されると良いですね。

気をつけるべき、春の5K

おはようございます。

春が近づいて参りました。春といえば何を思い浮かべますか?

桜だったり、お花見だったり、卒業だったり。

春の天気では「春の5K」と言う言葉がよく使われます。
頭文字がKから始まる春に気をつける5つのポイントです。

寒暖差、花粉、乾燥、強風そして黄砂です。

一つずつ特徴を上げていくと

寒暖差。これは春の時期、早朝と昼間の寒暖差が20℃程になる事もあります。

朝が寒くて厚着で会社に行っても昼間には汗だくだくという経験をしたことある方も多いかと思います。羽織ったり脱いだりできるアウターを一枚あると便利です。

次に花粉

春は花粉の飛散が始まる時期で花粉症の方には辛い時期です。

マスクやビタミンを接種することが良いとされていますので気をつけましょう。

次に乾燥

空気が乾燥する時期で風邪なども引きやすい季節です。少し前には春のインフルエンザというのも流行りました。手洗い、うがいを徹底しましょう。

そして強風

北からの風がとても強くなる季節です。
車の開け閉めや外に立てるのぼりなどの扱いも十分に気をつけなければいけません。

最後に黄砂。

北からの強風にのって黄砂が飛来する季節です。
PM2.5なんてのも少し前に騒がれましたが、何よりもマスクが効果的です。

春というと楽しみなこと、ワクワクする季節ですが天候的には気をつけなければ多い時期です。

春の天気の傾向をしっかり把握して対策をしていきましょう。

花粉症が仕事に影響も

おはようございます。

今年も花粉の季節がやってまいりました。
子供のころは大丈夫でも大人になって花粉症を発症する人も多いようです。

くしゃみや鼻水でコロナなどの感染症と間違えられて煙たがれることも問題になっていて

周りから花粉症とわかるようにマスクにつける「花粉症です」といったバッジなども販売されているようです。

さて先日見たニュースで花粉症の人にアンケートした結果で約50%の発症者が「思考力が低下する」と答えていました。

仕事中のくしゃみや咳で手を止めることが増えたり、ひどい時はトイレに行って症状が治るのを待つといった方もいるようです。

私たちもこの花粉症についてもう少し理解をする必要があります。

苦しんでいる人たちも仕事に集中できるような職場環境を整えていきましょう。

花粉症対策を早めにしよう

おはようございます。

どうも今朝起きた時から鼻がムズムズして、そろそろ花粉の季節がやってきたかと感じています。

今は、コロナ感染予防のため、換気が推奨されていて室内で花粉を感じることもあってなかなかつらいですよね。

目薬や飲み薬、食事などに気を配っていても、この時期は仕事の効率低下を感じる人も多いのではないでしょうか。

私は、足裏のツボ押しも花粉症に効果ありと聞いたので、今シーズン取り組んでみようと思っています。

この場では、足裏は紹介しにくいので、手のツボを紹介しますね。

手の親指と人差し指の付け根のV字になっている部分に「合谷(ごうこく)」というツボがあるそうです。
ここを別の手の親指と人差し指でマッサージするとよいそうです。

「合谷」のツボは鼻詰まりや目の充血などをはじめ、花粉症の症状に効くそうですので、花粉症のみなさんはぜひ試してみてください。

では花粉症の方もそうでない方もこの季節、協力して乗り切っていきましょう。

ペットボトルでできる花粉症や鼻炎の鼻詰まり対策

毎年春や秋に花粉症が話題になりますよね。症状がひどいときは息苦しさや、鼻腔あたりの怠さを感じる人が多いと思います。

このように花粉症で鼻が詰まって辛い、息苦しいときにすぐにできる対処法があるんです。

それは脇の下にペットボトルを挟むこと。詰まっている鼻の穴の逆側の脇にペットボトルを挟み、落ちないように少し力を加えます。
すると鼻の通りが良くなるというものです。

鼻詰まりの多くは、鼻水が溜まっていたり副鼻腔が浮腫んで腫れていたりするのが原因です。

ペットボトルを脇でギュっと挟むと脇の下にある圧力を感じるセンサーが働き、鼻の中の血管を収縮させる効果があるそうです。

鼻詰まりがひどいと睡眠中に口呼吸になりやすく、鼻炎だけでなく喉を痛めてしまうこともあります。寝つきが息苦しいときは脇にペットボトルを挟んで様子を見てみるのもいいかもしれません。

ティッシュの消費量

おはようございます。

春になると同時に困った事がおきるのが、花粉症ですね。花粉症でお世話になるのが、ティッシュです。

なんと、日本人は世界一ティッシュを使ってるそうです。花粉症の人が多いんでしょうか。

私はある香川出身のタレントさんが、テレビで「私はティッシュを使う時に、2枚をはがして1枚にして使ってる」という話しを聞いて、最初はビックリしました。

その人は節約の為にしてるみたいですが、まず、ティッシュが2枚に重なってることに驚きますよね(笑)

その話しを聞いてからは、私も時間と気持ちに余裕がある時は(笑)、2枚を1枚にはがして、使ってます。節約にもなりますし、

是非、皆さんも試してみて下さい。

筆者について

   大谷

最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集の編集長

経歴:大学卒業▶メディア系のライターに就職▶最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集を運営●スピーチライター、就職アドバイザーが専門●北海道出身の31歳

新着記事が更新されましたらTwitterの@kazu01694303でお知らせいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました