朝礼ネタ:こんなコロナ禍だからこそ思うこと(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:こんなコロナ禍だからこそ思うこと

(例文)こんなコロナ禍だからこそ思うこと

スピーチ時間:およそ2分30秒

寒い日が続いて、朝起きるのが一苦労な日が続いていますね。

最近は早く温かいコーヒーを飲みたいという一心で布団から出ています。

去年の今頃から思ってもいなかったような世の中になり、行き交う人はみんなマスクで、最近思うことがあります。

口元が見えないと、その人の表情や思っていることってわかりにくいんだなってこと。

目元だけでその人の気持ちや体調などを判断するのは難しい。

それに加えて、どこで何をするにもソーシャルディスタンスなので、とにかく人との関わりがないような毎日になっています。

相手を気遣い、思いやることが減ってしまったような気がしています。

しかし、このまま関わりを持たないまま過ごしていくのは寂しいし、もったいない。

マナーを守りながらも誰かに温かさを感じてもらうこと、癒やしてあげられることを探していきたいです。

大きな声で挨拶することは出来ませんが、マスクをしていても微笑めば、口元は見えなくとも目元でわかるはず。

近くによってタッチすることは出来なくても、身振り手振りで表現すれば、気持ちも少しは伝わるはず。

仕事もそうですがこういう与えられた環境の中、できることを見付けることが自分の成長にもつながると思いますので、今自分に出来ることをひとつひとつ頑張っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました