朝礼ネタ:ユニクロ、税込み価格で全商品約9%値下げへ(例文付き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最新のニュース

消費税込の価格表示が義務づけられることを受け、ユニクロとジーユーは3月12日から、全商品を実質約9%値下げすることを発表しました。

4月1日から、これまでの本体価格をそのまま税込価格として総額表示により商品の購入額を計算しやすくし、実質値下げで購入しやすくする狙いだといいます。

2021.03.04

朝礼ネタ:ユニクロ、税込み価格で全商品約9%値下げへ

(例文)ユニクロ、税込み価格で全商品約9%値下げへ

スピーチ時間:およそ2分30秒

4月1日から消費税の総額表示が義務化されます。消費税が8%に上がったときに税抜き価格の表示が主流となっていましたが、今回の義務化で消費者がより安心して購入しやすい価格表示に統一されます。

そんな中、先日、ユニクロやGUを運営するファーストリテイリングが全商品の税抜き価格を据え置きで税込み表示にする実質約9%の値下げを行うと発表がありました。

今まで1990円プラス税のセーターが税込み1990円で購入することができ、ユニクロを多用する私にとっては大変ありがたい動きです。

税込み表示にポップやプライスカード等の張り替えが必要になり人件費と時間がかかる中で全商品約9%の値下げを行うのは企業として中々できることではありません。

以前、ユニクロが「なぜ高品質の商品を低価格で提供できるのか」という番組がテレビで特集されていました。

ひとつの答えとしてSPA化という取り組みです。

SPA化とは、製品の企画、製造、販売までの全てのプロセスを自社で完結させるビジネスモデルのことをいいます。

ユニクロは国内のメーカーとしては他社に先駆けて、このSPA化に取り組みました。

当時のアパレル業界では中間に卸業者が入れる方法が一般的で、中間マージンが発生するため原価が高くなっていました。

それに対して、自社で全て完結するユニクロは、他社と同等製品を安い価格で仕入可能とし、他社より優位性のある価格を実現したそうです。

このコストメリットを活かして、次々に大型店を出店し規模の経済で更なる原価低減を進めていった結果が高品質・低価格を実現しました。

長年愛されている企業には他社にはない強みや武器を必ず持っています。

私たちも弊社にしかできないことを追い求めて顧客満足度を上げていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました