「山の日」の朝礼ネタ・スピーチ厳選!5選まとめ【例文付き】

スポンサーリンク

当サイトの数ある朝礼ネタの中から、注目ワード「山の日をテーマにした朝礼ネタを5個まとめました。すべてそのまま使える例文付きです。朝礼ネタだけでなく雑談や営業の小話にも使えます。ご活用ください!

スポンサーリンク

「山の日」の朝礼ネタ5選

富士山から考える一番を目指す意義

皆さん、おはようございます。

さっそくですがAさん日本で一番大きな山はなんですか?
A.富士山でしょ?

自分.じゃあ、2番目は何ですか?
A.え、、わかりません。

自分.答えは北岳です。皆さん一番高い山は印象に残って覚えているのに2番目って意外と忘れられますよね?

つまりそういう事です。1番にならないと意味がありません。

仕事でも普段の行動でも、人それぞれ何でもいいです。とにかく自分は、これを頑張るぞ!頂点取るぞという気持ちを持って物事に取り組んでみてください。

それが実行できれば自ずと今後の人生や仕事の結果も変わっていくと思います。という事です話が長くなりましたが、今日も一日目的意識を持ってがんばっていきましょう!

登山とビジネス

おはようございます。

登山が趣味という方、いらっしゃいますでしょうか?

私自身も、登山が好きで天気の良い週末に、登山仲間と山に向かうことがあります。
登るときは楽しく途中休憩を挟みながら、おにぎりを食べながら、山頂からの景色を楽しみに頑張れるわけですが、下りは足がプルプルして、「もう2度と登山したくない」と言いながら降りるぐらい、疲弊します。

それでもまた登りたくなるのは、「上る楽しさ」が勝るからなのです。

踏ん張って耐えて、仲間と励まし合い、危険もある山道を安全に登るために注意深く周囲を見渡し、すれ違う人たちと交わす挨拶の心地よさだったり。

これは、ビジネスにおいても同じだと思います。高みを目指す過程は、とても楽しいものです。
その先に待っているものを信じながら、今日も業務に取り組んでまいりたいと思います。

手に入れたい、朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

日本一低い山をポジティブに考える

日本一高い山は皆様ご存知のとおり高さ3776mの富士山ですね。

では、日本一低い山というのを知っていますか。仙台にある日和山(ひよりやま)が高さ3.0mで日本一低い山です。

歴史を紐解くと、長い間大阪市港区にある天保山という山が高さ4.5mの日本一低い山として知られていて、こちら仙台の日和山は高さ6.0mで二番目に低い山でした。

しかしある出来事で、高さが6.0mから3.0mになり、仙台の日和山は日本一になったという経緯があります。

ある出来事とは、2011年の東日本大震災の津波被害でした。日和山の大部分は津波により削り取られ地図からも消えたそうです。

本当は震災により大変な日が続いたと思われますが、被災後地元の人達はこの山の保全に努め、国土地理院にも申請し地図に再掲載することが認められました。

毎年山開きのイベントを開催し、日本中から観光客を集めているとのことです。

世の中にはいろいろな出来事があり、不幸な出来事に見舞われることもあるかと思いますが、それによって起こったマイナス面ばかりを見ないで、プラス思考で対処していくことも大切だと気付かされました。

私たちの日々の暮らしでも参考にして行きたいですね。

山から考える人生

私の趣味に登山があります。と言っても南アルプスや富士山みたいな高い山でなく近所のちょっと高い山に登るくらいですが。

で、登山をやっていると、当たり前ですが、人とすれ違うんですよ。

その時、こんにちは、とか山頂まで少しですよ、とか言うんですね。それは山登りでは当たり前なんですが、普段なら喋る機会がないような年齢の方とも喋りますし、この前なんか全くの初対面の人とちょっと話し込んじゃいましたからね。

山なんてそんじょそこらにあるのに非常に心がオープンになるといいますか、自然は不思議だな、偉大だなって感じます。

人生山あり谷ありとかいいますけど、山も谷も色々種類があるわけで、地図で見たものと実物とでは思ったのと違うってのはありますよ。山あり谷ありって言ってもビビらず、どんな谷なんだろ?とかちょっと好奇心を持ってみても良いようには思います。

自然と同じように人生も寛大な心で受け止めてくれるはずですから。

【朝礼ネタの参考アプリ】

dmenuニュース 無料で読めるドコモが提供する安心信頼のニュースアプリ

スマホアプリのdmenuニュース

dmenuニュースは、スマホでニュースを見る人には、使いやすいアプリです。
新聞以上に情報量も多く、今は新聞を買って読む必要性はあまり高く無いかもしれません。
特にdmenuニュースは、シンプルで使いやすいニュースアプリです。
芸能情報やゴシップ記事が不要なビジネスマンや投資家には最もおすすめです。

最新のニュースを無料で閲覧できます。
(お店で使えるクーポンもあります)

筆者について

   大谷

最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集の編集長

経歴:大学卒業→20代で5社を経験→30代専業ライター

20代で人事部や総務部などを経験し、30代になった現在はあらゆるスピーチのライターを専門として様々なサイトの運営に関わっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました