朝礼ネタ:ファミリーマート「はだいろ」表記の肌着自主回収-言葉を慎重に選んで使う時代-(例文付き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最新のニュース

色眼鏡で見る人のイラスト(男性)

ファミリーマート、今月から全国で販売を始めた女性用の肌着で、色の表記で不適切な表現があったとして、自主回収したと明らかにしました。商品の色について「はだいろ」と表記していたことが問題視されたとの理由です。

朝礼ネタ:ファミリーマート「はだいろ」表記の肌着自主回収-言葉を慎重に選んで使う時代-

(例文)ファミリーマート「はだいろ」表記の肌着自主回収-言葉を慎重に選んで使う時代-

スピーチ時間:およそ2分30秒

おはようございます。

先日、気になるニュースを見かけたのでご紹介します。

ファミリーマートが発売をした女性用肌着が問題視され自主回収された問題です。

自主回収する運びとなった理由がベージュの商品を「はだいろ」という表記で発売し、その色の表記が人種差別に当たるという声が寄せられたためということです。

ベージュではなく「はだいろ」を使用した理由は日本語のひらがなで分かりやすく幅広い世代にアピールするためとのことでした。

私たちの世代では色鉛筆やクレヨンではベージュの色を「はだいろ」と呼び、今でも使用する言葉です。ですのでこのニュースを見たときは正直なにが問題なのか。という違和感を感じました。

国際的に肌の色による人種差別問題が多く存在するのは知っていますが、日本における「はだいろ」は日本人の平均した肌色という現在の意味を考えても人種差別を全く意図するものではない事は誰の目にも明らかだと思います。

こうした世間の過剰な反応を聞くことが最近は多く感じます。

ジャガイモの顔をした人形のおもちゃ「Mr.ポテトヘッド」が「ポテトヘッド」に改名を発表したことも最近世間を賑わせましたね。

「男性以外のキャラクターも存在するブランドの名前に、一般的に男性に使用する敬称である「Mr.」が使われていたことは違和感があるとして、ジェンダー・ニュートラルなブランド名に変更するため」ということでした。

こちらは世間の反応というよりは、会社の戦略だと思いますが…

時代の流れに合わせて、商品を提供する企業側があらゆるリスクを排除して言葉を使用しなければならない時代に突入したのだと感じます。

昔であればなんともない言葉でも、今現在では差別用語だったり、セクハラになったり、パワハラになったりと使う言葉や使う場所、そして相手を考えて発言しなければいけません。

昔の時代は良かった。といつまで言ってても世の中の流れに置いてかれるばかりです。

私たちも日々情報を更新し、お客様を不愉快な気持ちにさせないよう勉強をしていきましょう。

筆者について

   大谷

最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集の編集長

経歴:大学卒業▶メディア系のライターに就職▶最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集を運営▶2021年4月に独立▶北海道で妻と子一人と暮らしています。●スピーチライター、就職アドバイザーが専門●北海道出身の30歳

新着記事が更新されましたらTwitterの@kazu01694303でお知らせいたします。

コメント

  1. […] 続きを読む… […]

タイトルとURLをコピーしました