「笑顔」の朝礼ネタ厳選!5選【例文付き】

スポンサーリンク

当サイトの数ある朝礼ネタの中から、注目ワード「笑顔」をテーマにした朝礼ネタを5個まとめました。すべてそのまま使える例文付きです。朝礼ネタだけでなく雑談や営業の小話にも使えます。ご活用ください!

スポンサーリンク

笑顔」朝礼ネタ5選

マザーテレサの名言から学ぶ、笑顔の重要性

笑顔で向き合う人たちのイラスト(男性と女性)

おはようございます。

今日は笑顔についてお話させて頂きます。

笑顔は幸運を引き寄せるといわれております。

あのマザーテレサも「Peace begins with a smile.」(平和は微笑みから始まる。)という名言を残しています。

仕事でつらい時もあると思いますが、辛いときの笑顔ほど強く、勇敢なものはありません。

また、その笑顔で乗り越えられない壁も乗り越えてしまう自身の根底に秘めた力を発揮し、良い意味で周囲の人々を巻き込んで未来に進むことが出来ます。

笑顔は、自分にとっても周りの人にとっても素晴らしいものです。

今日も笑顔を忘れずに、ON・OFFを明確に切り替え、皆で一丸となって取り組んでいきましょう。

地方の食堂から学ぶ良い職場

私の地元に、有名な食堂があります。そこは、オンボロで味も普通です。

ですが、いつも賑わっています。先日行った時にふと、「なぜだろう」と考えました。

そして3つ気づいたことがあります。

1つ目は店員さんがいつも元気に楽しく働いているところ。疲れていてもいつも笑顔で仲良く働いていて、客のこちらも楽しく食事ができます。

2つ目は気配りができるところ。小さいことでも嬉しいものです。

3つ目は、居心地が良いところです。お客さん目線でしたが、この3つはどの職場でも再現できるのではないかと思います。

環境の良い職場を目指す上でこの三つを意識して仕事をすれば、自分も皆さんも働きやすい職場づくりへ近づくのではないかと考えます。

新入社員から学ぶこと

最近、新入社員が日々の作業や仕事の環境に慣れて来ました。

しかし、彼らが出来ているにも関わらず日々の業務が身についている我々が出来ていないことが2つあります。ひとつは、笑顔です。

指導することに目くじらを立てているばかりに初めて仕事に慣れたばかりの楽しさを忘れていませんか。

先輩のノウハウを盗み取るだけではなく、参考になる後輩を敬うことも大事ですよ。

笑顔に勝る化粧は無しということわざがあるように、笑顔に関しては後輩から見本となっています。

もう1つは活気です。後輩たちは自分の仕事に誇りを持ちかけているので、自身に溢れています。ところが、我々は、無意識に落ち着こうと考えるばかりに元気がみられないのです。

今一度、初心に帰って思い返して行きましょう。以上です。

「笑う門には福来たる」表情トレーニング

一日のはじまりのごきげんはいかがでしょうか。どのような仕事があるのか、どんな人と出会うのか、またはいつもの仕事をどのように工夫してみようかなど、一日のはじまりに少し考えてみてください。

ごきげんな気分は自分自身で作るものです。

同じ一日を過ごすのなら、気分よく過ごしたいものです。

そこで表情トレーニングをして気分を上げてみましょう。笑顔を作ります。楽しいこと、嬉しいことを想像してください。なければ、ハッピーとおっしゃってくたさい。
そうすれば口角が上がります。今日一日、口角を上げて過ごしてみてくたさい。

「笑う門には福来たる」ということわざもありますが、いい表情をしているというステキなオーラが溢れてきます。すると、幸運もおのずと引き寄せられてきます。笑顔の表情がいつもできるといいです。

笑顔は伝染する

3B1C9109-0AE4-4668-A184-D45FB7E7AE52.png

とある受付をしていた際、みんな受付に向かってくる時は真顔で、一見ムッとした表情をした人もいたけれど、こちらが笑顔で元気よく挨拶をすると笑顔で挨拶を返してくれたというエピソードをエッセイ漫画で目にしました。

自分が笑顔でいることで周りも笑顔にし、結果として自分も気持ちよく過ごす事ができるのだなと思いました。

ぼーっとしていたりすると、ムッとした表情になりがちですが少し表情を意識して皆んなが気持ちよく過ごせる環境を作りたいと思います。

気持ちが落ち込んでいたりすると考え方もどんどんマイナスな方向に行ってしまいますが、そんな時こそ笑顔で過ごしてプラスな方向に気持ちを向けていこうと思います。

【朝礼ネタの参考アプリ】

dmenuニュース 無料で読めるドコモが提供する安心信頼のニュースアプリ

スマホアプリのdmenuニュース

dmenuニュースは、スマホでニュースを見る人には、使いやすいアプリです。
新聞以上に情報量も多く、今は新聞を買って読む必要性はあまり高く無いかもしれません。
特にdmenuニュースは、シンプルで使いやすいニュースアプリです。
芸能情報やゴシップ記事が不要なビジネスマンや投資家には最もおすすめです。

最新のニュースを無料で閲覧できます。
(お店で使えるクーポンもあります)

筆者について

   大谷

最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集の編集長

経歴:大学卒業→20代で5社を経験→専業ライター

20代で人事部や総務部などを経験し、現在はあらゆるスピーチのライターを専門として様々なサイトの運営に関わっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました