朝礼ネタ:家族で新型コロナウイルスの感染が疑われた場合に、家庭内で注意するべきこと/家庭での対策とは?(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:家族で新型コロナウイルスの感染が疑われた場合に、家庭内で注意するべきこと/家庭での対策とは?

(例文)家族で新型コロナウイルスの感染が疑われた場合に、家庭内で注意するべきこと/家庭での対策とは?

スピーチ時間:およそ3分

世界中で感染を広げる新型コロナウイルス。私の住む地域でも感染者が出始めたというニュースが連日のように流れています。もしかしたら自分や家族が感染してしまうかも…と不安になりますよね。いよいよ身近になったということを感じている方も多いのではないでしょうか。

皆さんはご自身を含め、家族や身近な人が感染した場合の対応って考えていますか?

今日は

『家族で新型コロナウイルスの感染が疑われた場合に、家庭内で注意するべきこと』をお話したいと思います。

①感染疑いのある人と部屋を分ける。

食事や就寝時に限らずできる限り別室にしましょう。部屋数が少ないなど、部屋をわけられない環境であれば、せめて2mの間隔をあけたり、仕切りやカーテンなどを設置してみましょう。

感染疑いのある本人は極力部屋からは出ないようにして、トイレやバスルームの使用は最小限に抑えること。

②感染者のお世話はできるだけ限られた人で行う。

心臓、肺、腎臓の病気、また糖尿病や免疫の低下した人や妊婦さんは感染者のお世話を避けましょう。

③マスクの着用

使用したマスクは他の部屋には持ち込まないようにしましょう。マスクの表面には触らず、外す際は、ゴムや紐をつまむようにすること。マスクを外したあとは必ず手洗いを行ってください。

④こまめに手洗い

洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしてください。こまめに手を洗い、できればアルコール消毒もしましょう。

⑤室内の定期的な換気

家族が集まる共有スペースや他の部屋なども含め、窓を開け放して換気をしてください。

⑥手で触れる共有部分を消毒

物に付着したウイルスはしばらく生存するため、ドアの取っ手やノブなどは薄めた家庭用塩素系漂白剤で拭いたあと、水拭きをしましょう。

特にトイレや洗面所、キッチンなどのタオルは共有しないように注意してください。

⑦汚れた衣服、リネン類の洗濯

糞便からウイルスが検出されることもあるので、体液のついた衣服やリネンを扱う際は、手袋とマスクを着用しましょう。一般的な家庭用洗剤で洗濯した後は、完全に乾かしてください。

⑧ゴミは密閉して捨てる

鼻をかんだティッシュなどはすぐにビニール袋に入れ、室外に出す時は密閉して捨てましょう。終わった後はすぐに手洗いを行ってください。

もしもご自身や家族に感染の疑いが出た場合は、この上記8つに注意して家庭での感染対策を行っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました