朝礼ネタ:「ほめること」で仕事に良い効果をあたえる(例文付き)

スポンサーリンク
生徒を褒める先生のイラスト

朝礼ネタ:「ほめること」で仕事に良い効果をあたえる

(例文)「ほめること」で仕事に良い効果をあたえる

スピーチ時間:およそ2分30秒

みなさんおはようございます。

みなさんは最近、人にほめられたり、人をほめたりしていますか。
人に「ほめられる」というのは大人になってもうれしいですよね。

人を導き、育てるときに役に立つスキルの1つが「ほめること」です。
人をほめることと仕事、スキルは関係しています。

「人をほめる」ということはその人を承認し、期待することで相手の気分をよくする効果がありますよ。

社員が仕事に前向きで業績が良い、そんなすばらしい職場づくりには「ほめる」ことが重要です。

「ほめる」ということは「人」、「モノ」、「起きる出来事」の価値を発見して認めて伝えることです。

たくさん人をほめることは叱るよりも部下の育成、会社全体の成長につながるのをご存知ですか。

「ほめられる」ことで仕事に対するモチベーション、パフォーマンスが上がります。

お給料のために仕事をしているだけではなく仕事がたのしいと思う気持ち、この人のためにもっと頑張りたいという想いがあたえられた仕事に対してプラスアルファ―の成果をだそうと仕事ができます。

「ほめられる」ことで自分の仕事のやり方や自分を認めてもらえたようで自信をもつことができ積極的に仕事ができます。

あなたも「ほめ達」になってみてはいかがですか。
誰にでもあるステキなところを発見し、伝えてください。

「ほめる」という行為は強い影響力を発揮するものです。だからこそ人を導き、育てることに絶対に欠かせないスキルとなってきます。

また子育てにも必ず役立ってきますので「ほめる」ことについて学ぶことを私はおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました