朝礼ネタ:実のなる木、発想の転換について(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:実のなる木、発想の転換について

(例文)実のなる木、発想の転換について

スピーチ時間:およそ2分

私が中学生の時、校長が面白い話をしてくださいました。

「君たちは、柑橘系の木をもらい、育ていたとする。美味しい実がなるのを楽しみに待っていた。しかし、生ったのは酸っぱくてとても食べられないレモンの実だった。君たちはどう思った?」

「がっかりして諦める」

「観賞用として割り切る」の意見が出ました。

先生は「僕なら喜ぶね。レモネードは酸っぱいほど美味しく出来るからだ」と言いました。

このお話からわかることは、発想の転換です。

今、行き詰ってうまくいかないと悩んでる皆さんは、視野が狭くなっているのかもしれない。

今は酸っぱくて食べられないレモンの実でも、使い道次第で美味しいお菓子に生まれ変わるんです。

だから自分という素材をどう生かしたら、最大限に力を発揮できるのか考えてほしい。

それは後輩を育てるベテラン陣においても言えることです。わが社に無駄な人材はいない。

そのことを念頭において仕事に取り組んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました