朝礼ネタ:80対20(パレートの法則)から社会の仕組みを考える(例文付き)

スポンサーリンク

パレートの法則とはある事象の2割が、全体の8割を生み出しているという状態を示す経験則のことをいいます。皆さんも一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

今日はそのパレートの法則についての朝礼ネタです。

朝礼ネタ:80対20(パレートの法則)から社会の仕組みを考える

(例文)80対20(パレートの法則)から社会の仕組みを考える

スピーチ時間:およそ2分

パレートの法則という言葉皆さんは聞いたことあるでしょうか?

販売士やマーケティングの勉強をしたことがある人にはお馴染みの言葉だと思います。

別名、80対20の法則とも言われており、自然現象などのある事柄の約80%は原因となるものの約20%が生み出すという法則です。

例えば小売業などで全商品の20%の商品が売上の80%を占めているという考え方が有名です。

その名の通り経済学者のパレートが唱えたことからパレートの法則と名付けられました。

よく言われるのが

会社の利益についてです。

20%の社員が利益の80%を生み出している。

と考えられています。

また、

ある仕事の80%の成果は、費やした時間の20%で作られる

とも言われています。

仕事の効率性や会社の在り方についてこの法則を通して考えさせられると思います。

他にも世の中の様々な事柄で使われているようです。

・交通量の8割は2割の道路に集中している

・世に出回っているお金の8割は2割の富裕層が持っている

・会社の電話の8割が2割の人がとっている…

など、

いつもとは違った角度から物事を見極めれるようになれるかも知れませんので、皆さんもデータを分析する際には

この法則を思い出してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました