朝礼ネタ:春のセンバツができることの喜び(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:春のセンバツができることの喜び

(例文)春のセンバツができることの喜び

スピーチ時間:およそ1分30秒

高校野球春のセンバツ出場チームが決まりました。

自分の出身地からは出場する高校はありませんが、高校野球はどこのチームでも応援することができます。

昨年は開催されませんでしたから、今年は高校生のハツラツとしたプレーが待ち遠しいです。

仕事をしていても、高校野球が開催されるだけで、ヤル気が違ってきます。

どことなく元気が出てくるのです。

自分もかつて高校球児だったので、高校生のひたむきなプレーに共感できます。

その当時の、まだ何も世間を知らない高校生だった自分が、こうして社会に出て仕事をしていることが誇らしくもあります。

まだまだ覚えなければならないことは山ほどありますが、先輩社員の足手まといにならないように心掛けながら、良いところを真似していきたいと思います。

今までであれば、友達と飲みに行って高校野球の話で盛り上がるところですが、今年はおとなしく仕事が終わったらまっすぐ家に帰ります。

そして、ゆっくりとセンバツ甲子園のプレーを見ながらお家で愉しみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました