朝礼ネタ:2月10日のスピーチ(例文付き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふとんの日

F72667C1-32DE-4623-9720-8B7AE75B983D.jpg

2月10日は「ふ(2)と(10)ん」と読む語呂合わせからふとんの日と制定されています。

朝礼ネタ:2月10日 ふとんの日-寒い時期を乗り越える為の布団の掛け順-

(例文)2月10日 ふとんの日-寒い時期を乗り越える為の布団の掛け順-

スピーチ時間:およそ1分30秒

一年で一番寒い時期は1月末から2月上旬と言われています。

まさに今が寒さのピークということで、2月10日【布団の日】にちなんで、一番暖かくなる布団の掛け順についてお話し致します。

今時期は特に寒く、多くの方が保温効果を求めて羽毛布団や毛布を使われているかと思います。

ですが布団の掛け順を間違えてしまうことで、せっかくの保温効果が激減してしまうことをご存知でしょうか。

羽毛は体温で暖められることで膨らみ、本来の保温性を発揮します。
羽毛布団を直接体に触れさせることで羽毛の保温性が上がり、更に毛布を掛けることで毛布がフタの役目となり、中の暖かさが外に逃げるのを防いでくれます。

反対に毛布を先にかけてしまうと、羽毛が十分に膨らまず保温性が下がってしまいます。

なので一番暖まる布団の掛け順は
【羽毛布団を内側にして、その上に毛布を掛ける】

ということになります。更に保温性をあげたい時には、敷布団の上に毛布を敷くことで、下から逃げていく熱を防ぎ、より保温性が高くなります。

このようにちょっとした工夫で布団の中を温かくすることができるので、この寒い時期を上手に乗り越えていきましょう。

次の日

前の日

カレンダーでみる2月の朝礼ネタ・スピーチ

2月の朝礼ネタ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29            

日付をクリックで朝礼ネタにとびます

行事や生活でみる2月の朝礼ネタ・スピーチ

お花見

お花見は日本古来の風習で、桜の花を対象とすることが多いのですが、梅の花や桃の花でも行われます。奈良時代の花見では梅の花が鑑賞されていましたが、平安時代には桜がとって代わるようになりました。

冬に使える朝礼ネタ・スピーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました