朝礼ネタ:「伝える」から「伝わる」へ(例文付き)

スポンサーリンク
パズルを組み合わせる人たちのイラスト(ビジネス)

朝礼ネタ:「伝える」から「伝わる」へ

(例文)「伝える」から「伝わる」へ

スピーチ時間:およそ1分


お客様にプレゼンするときには、「伝える」ではなく「伝わる」を常に意識して話しましょう。

「伝える」は一方的でとりあえず一通りの内容は話したというケースです。

アナウンサーのように、流暢にひたすら話し続けて話し終わって自分だけが満足してしまうのは営業マンとして致命的です。これに対して、「伝わる」は相手が本当に理解してるのか、表情、声のトーンをしっかり察知して会話を交えながらすすめることです。

お客様に寄り添うイメージです。お客様を退屈させず、話を聞いてもらうようにするために、効果的な質問で反応を伺い不明な様子なら、たとえ話を使って分かりやすくポイントを押さえて案内することが大切です。

また、普段サービスを受けたときに良かった対応を思い出して、今度はお客様に良い対応で還元するのはおすすめです。

今日は「伝える」から「伝わる」を意識して頑張りましょう!

【朝礼ネタの参考アプリ】

dmenuニュース 無料で読めるドコモが提供する安心信頼のニュースアプリ

スマホアプリのdmenuニュース

dmenuニュースは、スマホでニュースを見る人には、使いやすいアプリです。
新聞以上に情報量も多く、今は新聞を買って読む必要性はあまり高く無いかもしれません。
特にdmenuニュースは、シンプルで使いやすいニュースアプリです。
芸能情報やゴシップ記事が不要なビジネスマンや投資家には最もおすすめです。

最新のニュースを無料で閲覧できます。
(お店で使えるクーポンもあります)

コメント

タイトルとURLをコピーしました