朝礼ネタ:自分と他人の当たり前は違う(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:自分と他人の当たり前は違う

(例文)自分と他人の当たり前は違う

スピーチ時間:およそ1分

自分にとって当たり前でも、人にとって当たり前とは限りません。

だからこそ、相手が知らないことを前提に考えることや、知らなかったとしても、その人に強く言ったり、ましてやマウントを取ったりしないことが重要になります。

これは特に異業種間で起こりやすいことです。

そのため、異業種の方と話すときは、専門用語を「子どもにもわかる言葉、内容」に置き換えて話すようにすると良いでしょう。

そうすることで、相手が質問をする手間が省けるし、こちらにとっても専門用語をあいまいに使うことがなくなります。

本当に優れた説明が出来る人は、自分の知っている当たり前の事を知らない人に伝えれる人だと思います。

お客様の前で話すとき、改めて自分の言葉を振り返ってみましょう。

2022年買ってよかったおすすめアイテム

1位:Nintendo Switch ニンテンドー スイッチ

2位:疲れにくいゲーミングチェア

3位:電動歯ブラシ フィリップス

スポンサーリンク

朝礼ネタ おすすめの本 3選

第1位:朝礼の話材280例

すぐに使える質の高い話のネタが280例掲載されています。

1冊持っている急なスピーチにも対応できるのでお勧めです。

第2位:超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48

人前に出てもあがらずにいるための極意を学べます。

明日から実践できそうなものから練習が必要なものまで様々な方法が紹介されているのでお勧めです。

第3位:元気が出る朝礼 話のネタ帳

雑学を中心にモチベーションが上がるような朝礼ネタが多数あります。

仕事ネタ
スポンサーリンク
最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

コメント

タイトルとURLをコピーしました