朝礼ネタ:梅雨の時期に思い出す、千利休の格言(例文付き)

スポンサーリンク
千利休の似顔絵イラスト

朝礼ネタ:梅雨の時期に思い出す、千利休の格言

(例文)梅雨の時期に思い出す、千利休の格言

スピーチ時間:およそ1分

梅雨の時期になると、千利休の格言の一つを思い出します。

それは「降らずとも傘の用意」という言葉です。千利休といえば、織田信長や豊臣秀吉の時代に茶道を世に広めた偉人ですが、この言葉は、お茶席での心構えについて説いたものだそうです。

「たとえ雨が降る見込みがなくても、傘を用意しておけば、万が一雨が降ったときに焦らなくて済む」という教えは、昔のお茶席に限らず、現代の生活や仕事でも活きるように思います。

千利休の時代より、天気は正確に予報できるようになりましたが、仕事でも人生でも、不慮のアクシデントは起こるものです。

それに、自然災害のようなことも起こり得ます。「万が一」のときに慌てないように、日頃から心に余裕を持って、そのときに備えておくようにしたいものです。

そのために、まずは簡単にすぐ始められる「傘の用意」から心がけたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました