朝礼ネタ:前を向いて歩んでいくために。トルストイの名著より(例文付き)

スポンサーリンク
懐中電灯を持つ人のイラスト(男性・暗闇)

朝礼ネタ:前を向いて歩んでいくために。トルストイの名著より

(例文)前を向いて歩んでいくために。トルストイの名著より

おはようございます。

今日は、トルストイの名著より、私の心に響いた言葉を拝借してお話したいと思います。

みなさん、日々の暮らしや業務の中で、あの時もっとああすれば良かった、この時にあの人にこう伝えるべきだった、といった自己嫌悪や反省で心を痛めることって、沢山あるかと思います。

例え、細かいことは気にしない人でも、結果に対して振り返ることは必ずあると思います。

ここで引用する著書は、トルストイの『光あるうちに光の中を歩め』です。
ストーリーや時代背景などは、特に触れるつもりはありません。
なぜなら、現代の私たちの暮らしに置き換えて、大切なことを感じ取れれば良いからです。

どんなに裕福でも、どんなに貧しくても、どんなに善人でも、どんなに悪人でも、一度は自分の経験や行動を振り返る機会があるはず。人を赦し、自分を赦し、お互いに支えあって進んで行こうよ!

光あるうちに光の中を歩め!

そんな言葉に背中を押された私の読書体験をもとに、名言のご紹介でした。

それでは、今日も一日、よろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました