朝礼ネタ:ウィンター・ブルーの原因と対策(例文付き)

スポンサーリンク
うつ病の男性のイラスト

朝礼ネタ:ウィンター・ブルーの原因と対策

(例文)ウィンター・ブルーの原因と対策

スピーチ時間:およそ1分30秒

「ウィンター・ブルー」という言葉を聞いたことがありますか?

冬になって疲れやすかったり、落ち込みやすい人は、ウィンター・ブルーの可能性があります。

ウィンター・ブルーは冬季うつのことですが、日本人の2.1%はウィンター・ブルーだとされています。ウィンター・ブルーになる原因は日照時間が短くなるためです。

日照時間が短いと、脳内伝達物質のセロトニンやドーパミンが減少します。

ウィンター・ブルーのケアで最も効果があるのは光を浴びることです。1万ルクスの光を1時間浴びると良いとされています。

自然の光なら、曇り空でも1万ルクス程度の照度があります。戸外で自然の光を浴びるように努めましょう。また、たんぱく質を積極的に摂取するようにしましょう。

たんぱく質にはトリプトファンが豊富に含まれています。トリプトファンはセロトニンの生成に必要な栄養素です。

天気が悪いと気が落ち込みがちですが、その原因を把握することで対策をとることができます。皆さんも「ウィンター・ブルー」に気をつけて体調管理をお願い致します。

スポンサーリンク

冬に使える朝礼ネタ・スピーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました