朝礼ネタ:「適当」という言葉(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:「適当」という言葉

(例文)「適当」という言葉(例文付き) 

スピーチ時間:およそ1分

おはようございます。
 突然ですが、皆さんは「適当」という言葉をどう感じますか。

「適当な人」「適当にやるな」この言葉に良いイメージを抱く人は決して多くないでしょう。
 文字を分解してみると、「適した当たり」と読むことができます。

 日本人は昔から「頑張り屋さん」です。先人たちは研究熱心で多くの発明品を生み出してきました。

 一方、頑張り「すぎ」て、欧米にはほぼない「過労死」が問題になっています。19年度の厚労省の調査によると、「過労死」した民間の労働者は86人という統計がありました。

 この数字をどうとるかは、個人の軸による部分が多いと思います。しかし平和であるはずの世に「働きすぎ」で死ぬ人がいる。このことは決して看過することができないと思います。

 もちろん「頑張り」は評価します。ただ自らの「適当」は見極めてください。辛いことがあれば、私含め周りに遠慮なく相談してください。

 皆さんの今日1日が、幸多いことを願って。本日も宜しくお願いします。

手に入れたい、朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました