朝礼ネタ:「頑張る人」と「いい加減な人」(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:「頑張る人」と「いい加減な人」

(例文)「頑張る人」と「いい加減な人」

スピーチ時間:およそ1分30秒

頑張る人といい加減な人と聞くと皆さんはどちらに好印象を持たれるでしょか?

おそらく「頑張る人」と答える人がほとんどだと思います。

しかし、語源や言葉の捉え方を変えると見方が変わってきます。まず頑張る人の頑張るですが、これは元々「我を張る」の意味が含まれており、言い方を変えれば我がままな人だったり、自己中心的な人と置き換えられます。

次にいい加減と聞くと適当とかチャランポランなイメージがありますが、「いい湯加減」に使われるように丁度良いという意味も含まれます。何事においてもちょうどいい人、最適化された人と考えるとまんざら悪い気もしないのではないのでしょうか。

このようにポジティブなこともネガティブなことも捉え方によって色々な可能性を見出すことができると言えるでしょう。

私も捉え方を色々研究して、日々を「いい加減に頑張りたい」と思います。

手に入れたい、朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました