朝礼ネタ:今問題となっている「アンコンシャス・バイアス」とは(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:今問題となっている「アンコンシャス・バイアス」とは

(例文)今問題となっている「アンコンシャス・バイアス」とは

スピーチ時間:およそ3分

皆さんは「アンコンシャス・バイアス」という言葉をご存知でしょうか

「アンコンシャス・バイアス」とは無意識の偏見、思い込みを意味する言葉で最近これを解消していこうという動きがあります。

例をあげるとすると

「私の親は単身赴任でしたので幼少期はほとんど片親に育てられました」と私が話したとします。

さて皆さんはどんな想像しましたか

「父親が単身赴任で幼少期はほとんど母親と過ごした」

というイメージを勝手に作り上げませんでしたか?

これが無意識の思い込み、いわゆる「アンコンシャス・バイアス」です。

家庭によっては母親の単身赴任だってあるはずです。

生活しているとこのような思い込みや偏見は頻繁に起こっています。

そしてまずこれは何も悪いことではありません。

これまでの経験やデータから無意識のうちに脳内で変換されていて、それこそ脳としては正常な働きでもあります。

しかしながら最近は男女間や人種による差別、トランスジェンダーの問題などが叫ばれていてこのような思い込みである「アンコンシャス・バイアス」がときには弊害になっていると言われています。

改善方法は簡単でまずは「アンコンシャス・バイアスを知ること」そして「無意識で自分もその思考に至ってないか疑ってみること」

そうすることで会話の最中に「あ、今はアンコンシャス・バイアスだな」と気づくようになり、それを繰り返すことで改善されていくといいます。

最近はこのような横文字が使われることが多く苦労されるかと思います、時代についていくようにする勉強していきましょう。

情報をどこから仕入れるかか大事。朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

朝礼ネタ おすすめの本 3選

第1位:朝礼の話材280例

すぐに使える質の高い話のネタが280例掲載されています。

1冊持っている急なスピーチにも対応できるのでお勧めです。

第2位:超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48

人前に出てもあがらずにいるための極意を学べます。

明日から実践できそうなものから練習が必要なものまで様々な方法が紹介されているのでお勧めです。

第3位:元気が出る朝礼 話のネタ帳

雑学を中心にモチベーションが上がるような朝礼ネタが多数あります。

スポンサーリンク
雑学ネタ
スポンサーリンク
最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

コメント

タイトルとURLをコピーしました