朝礼ネタ:梅雨の言い伝えと由来(例文付き)

スポンサーリンク
梅雨のイラスト「タイトル文字」

朝礼ネタ:梅雨の言い伝えと由来

(例文)梅雨の言い伝えと由来

スピーチ時間:およそ1分30秒



今年も遂に梅雨の時期ですね。

梅雨は木の葉などの上の雨水を指す露(つゆ)とかけている、または梅が完熟してつぶれる潰ゆ(つゆ)という古い言い伝えがあるそうです。

また、梅雨という天気の変化に梅が使われるのはこの雨ばかりの気候が続く時期にちょうど梅が実る頃だからだそうです。

普段何気なく言葉にしていることでも、深く掘り下げてみると深い意味があったりして面白いです。

良い気分転換になったり知識が深めれたりしますので、皆さんも身近な言葉を深く掘り下げてみてください。

そして、面白い知識があれば仲良い人に話してみてより一層コミュニケーションを深めてみてください。 

さて、ジメジメして気分が落ちがちな季節ではありますが、1年の半分に差しかかる月でもありますので、気を落とさずに頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました