朝礼ネタ:仕事中にできる「ドーパミン」を分泌させる運動(例文付き)

スポンサーリンク
脳波のイラスト

朝礼ネタ:仕事中にできる「ドーパミン」を分泌させる運動

(例文)仕事中にできる「ドーパミン」を分泌させる運動

スピーチ時間:およそ2分30秒

みなさん、おはようございます。
みなさんはやる気がないということはありませんか。
私はあります。疲れているとき、寝不足などのときです。

仕事のやる気を出すには「ドーパミン」を分泌させることがいいといわれています。そのドーパミンを分泌させる具体的な方法をご紹介しますね。
しかも仕事中の5分でできる方法です。

仕事中でも息が上がる程度に少しきつい運動することです。
例えば場所を問わずにできる「スクワット」は全身の血流を改善してくれるのでおススメですよ。
10回を3セット、短時間で負荷をかけて心拍数をあげるように取り組むのが効果的です。
階段を駆け上がるのもおススメですよ。


オフィス内は階段がありますよね。仕事中でも数分だけ時間がとれるなら階段をつかい運動してみてはいかがですか。

階段も息が上がる程度の運動をすると「ドーパミン」が分泌されてやる気をだす効果が高くなります。

また、移動中に走るのもいいですよ。
走ることで心拍数をあげられるので効果的です。ただくれぐれも事故などには気をつけてくださいね。

デスクワークでおススメなのが座りながら力を入れて脳に刺激を与えることです。例えば、背筋を伸ばし、全身(太もも、腹筋、胸筋、拳)に力を入れ、それを10秒、5セット程度を行います。
運動ができない人はせめて窓の近くですごすことも効果的ですよ。

実際にやるとわかると思いますがどれも呼吸が早くなります。それが効果を実感できる運動です。
やる気をだすために必要な「ドーパミン」ですが仕事中、5分でできて効果があるやり方をご紹介しました。
ご自分に合ったやり方をみつけてやる気をだしましょう。

手に入れたい、朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました