朝礼ネタ:若い頃の苦労は買ってでもせよ(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:若い頃の苦労は買ってでもせよ

(例文)若い頃の苦労は買ってでもせよ

スピーチ時間:およそ1分30秒

ことわざに「若い頃の苦労は買ってでもせよ」という言葉があります。

皆さんはご存知でしょうか?

この言葉は、若い時に苦労を経験したことは必ず未来の自分のためになる。自ら進んで苦労をして、経験を積みなさい。という意味になります。

できれば苦労なんかしたくない…そう思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

私もついつい、日頃の生活の中でも仕事でも逃げてしまうことがよくあります。

でも今この瞬間はよかったとして、先々未来の自分がどうなっているかを考えてみると、この言葉の意味がすごく大切なことを教えてくれていると感じます。

逃げることは簡単、しかし逃げた先にまた同じことが起きたらまた逃げなければなりません。それを繰り返すといつまでも自分自身は成長をしないのです。そしてどんどん歳を重ねていくにつれ、なかなか変われなくなってしまいます。

なので、様々な失敗が許される若いうちに沢山の苦労を重ねて、経験値を増やしていくことが今後の自分の人生を豊かにしていくのではないでしょうか。

手に入れたい、朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました