朝礼ネタ:好きな言葉「大きな耳、小さな口、優しい目」(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:好きな言葉「大きな耳、小さな口、優しい目」

CE84BEB3-B02A-4FCD-8EA3-D74715A766B8.png

(例文)好きな言葉「大きな耳、小さな口、優しい目」

スピーチ時間:およそ2分

おはようございます。

今朝は部下や後輩をみるときの姿勢について、一つの言葉を紹介したいと思います。

それは、「大きな耳、小さな口、優しい目」という言葉です。

これは、高畠導宏(たかばたけ みちひろ)さんという人の言葉です。

高畑さんは、プロ野球の打撃コーチとしてイチローや小久保選手を育てたあと、高校教師になった経歴の持ち主です。

高畑さんが選手や生徒を指導するとき、指導者として肝に銘じていた言葉が、「大きな耳、小さな口、優しい目」です。

選手や生徒の悩みを聞いてあげる「大きな耳」を持つこと。

上から目線で指導したり、余計な口出しをしない「小さな口」でいること。

いつも遠くで温かく見守る「優しい目」を持つこと。

これは、皆さんが部下や後輩を指導するときにも当てはまる言葉だと思います。

ぜひ皆さんも「大きな耳、小さな口、優しい目」を心がけてください。

今日も一日頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました