朝礼ネタ:1月7日のスピーチ(例文付き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

千円札の日

69B26585-8E93-4D25-B3D2-AF6BEBCAF910.jpg

1950年の1月7日、聖徳太子が描かれた初の千円紙幣が発行されたことから千円札の日とされています。

朝礼ネタ:1月7日 千円札の日-進むキャッシュレス決済-

(例文)1月7日 千円札の日-進むキャッシュレス決済-

スピーチ時間:およそ2分

1950年のこの日、聖徳太子が描かれた初の千円紙幣が発行されたことから千円札の日とされています。

最近ではコンビニやスーパーなどでは電子マネー払いの利用率が急激に増え、実際のお金に接する機会が減った方も多いのではないでしょうか?

そもそも、スリや窃盗など犯罪意識が高い海外ではすでに電子マネー払いが全面的に普及しており、訪日している外国人客が「現金を持ち歩くのが怖く、日本では買い物がしづらい」という懸念も経済でマイナス要因とされていました。

日本では昔から「現金主義」という意識が高齢者を始めとして若い世代にも根強く、外国人と日本人との価値観のズレが生じている状態だったからです。

しかし、2020年の東京オリンピックに向けて政府が電子マネーの普及を主導していることもあって令和元年は「キャッシュレス元年」とも言われており

現在は還元率が高いということで電子マネーにシフトする人も多くなっています。

中には、スマートフォンでQRコードを読み取ったり、カードをかざして、電子マネーのおさい銭を受け付ける神社もでてきたといいます。

日本の文化とは相反する文化を取り入れることに抵抗を感じることがあることも事実ですが

実際に使用してみると、案外スムーズに買い物ができ、主婦の方々はアプリと連動することで家計簿をつける手間も省けるようになったとも好評のようです。

そのうち私の小遣いもキャッシュレスになるのだろうか。。。でもやはり、「現金で頂く有り難み」は忘れたくないなと思いつつ

子供のお正月の楽しみである、お年玉袋をもらうときの楽しみは、これからも受け継いでいきたい文化だなと思いました。

次の日

前の日

カレンダーでみる1月の朝礼ネタ・スピーチ

1月の朝礼ネタ
12月≪        ≫2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日付をクリックで朝礼ネタにとびます

行事や生活でみる1月の朝礼ネタ・スピーチ

お花見

お花見は日本古来の風習で、桜の花を対象とすることが多いのですが、梅の花や桃の花でも行われます。奈良時代の花見では梅の花が鑑賞されていましたが、平安時代には桜がとって代わるようになりました。

日本人にとって馴染みの深い桜は、古くから諸行無常(しょぎょうむじょう)という言葉と結びつけられてきました。

冬に使える朝礼ネタ・スピーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました