朝礼ネタ:4月18日のスピーチ(例文付き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よい歯の日

4月18日は良い歯の日です。
「よ(4)い(1)歯(8)」の語呂合せを元に、日本歯科医師会が制定した記念日です。

朝礼ネタ:4月18日 よい歯の日-見せる歯の本数で印象が変わる?

(例文)4月18日 よい歯の日-見せる歯の本数で印象が変わる?

スピーチ時間:およそ1分30秒

本日4月18日は日本歯科医師会が制定した「よい歯の日」です。

由来は語呂そのままですが…

今日はその歯にまつわる話をします。

みなさんは笑顔を作る際に何本の歯を見せていますでしょうか。。。

実は笑顔を作るときに見せる歯の本数で

話している相手からの印象が変わることが実証されています。

本数の少ない順で説明すると

0本=組織のリーダー。 つまりお偉いさんの第一印象を抱かれ、堅い印象を持たれます。

4本=信頼される上司。 ある程度の経験を積んだ頼れる上司

8本=同僚、部下。   新人や若い営業マンがするとそのフレッシュさに魅了されます。

政治家のポスターでは、「党首・総理」は口を結び、

新人候補者は親しみを出すために歯は8本が主流だそうです。

無論、自分の立場に合わせた笑顔を作ることが重要で

その立場と笑顔がかみ合ったとき それが武器となります。

同じ笑顔でも、自由自在に使いこなすことで相手に見せる印象を変えることができますので

皆さんもお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました