朝礼ネタ:4月22日のスピーチ(例文付き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よい夫婦の日

家族に関する諸問題に対する人々の関心を高めるため、1989年(平成元年)11月の国連総会によって1994年(平成6年)が「国際家族年」と定められました。

これをきっかけに、株式会社講談社が1994年に「よい夫婦の日」を制定しました。

今日は夫婦円満の秘訣についての朝礼ネタです。

朝礼ネタ:4月22日 よい夫婦の日-夫婦円満の秘訣は仕事円満の秘訣?-

(例文)4月22日 よい夫婦の日-夫婦円満の秘訣は仕事円満の秘訣?-

スピーチ時間:およそ2分30秒

今日は四(よい)二(ふ)二(ふ)で「よいふうふ」の語呂合せで「よい夫婦の日」と言われています。

(11月22日のいい夫婦の日の方が有名ですが…)

私も結婚をしておりますが、これを機会にパートナーのことを改めて大切にするために

夫婦円満の秘訣を調べてみました。

その中でも印象に残った3つを紹介します。

1.相手にわかってもらうのではなく、わかってあげる。

長く一緒に暮らしていると、自分中心となり自分の考えを押し付けてしまうことがあります。

自分の考えを持つことは大事ですが、相手の考えを尊重し、まずはそれをわかってあげることがとても大事です。

2.パートナーの仕事や家事を尊重する。

仕事も家事も子育ても、全て同じぐらい大変なのです。

仕事をしてるから偉い、お金を稼いでいるから偉いという考え方を捨てて

パートナーの行なっていることを尊重し、ときには優しい言葉をかけ合うと夫婦中はぐっと高まります。

3.たまに喧嘩する。

いくら相手を尊重するように心がけても

ムッとくることは一緒に生活をしていれば必ずあります。

溜め込むことはその一瞬を我慢出来ても、積み重なっていつしか爆発します。

ときには言い合いをして思ってることをぶつけてみることも良いです。

ただ喧嘩をするときの注意点として

・相手の存在を否定しない(暴力的な言葉)

・過去の出来事を持ちださない

ことが大切です。

仲直りの合図なんかもパートナーと決めているともっと良いです。

夫婦といえども、育った環境も違ければ、考え方も異なります。

これは会社内の人間関係や社外の取引先にも言えると思います。

相手のことを敬う気持ちを忘れずに今日も一日頑張りたいと思います。

カレンダーでみる4月の朝礼ネタ・スピーチ

4月の朝礼ネタ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

日付をクリックで朝礼ネタにとびます

毎月8日 朝礼ネタ:毎月8日は果物の日-フランスのことわざ-(例文付き)
   

行事や生活でみる4月の朝礼ネタ・スピーチ

旧暦卯月朝礼ネタ:4月、卯月の素敵な由来とは?(例文付き)
二十四節季穀雨朝礼ネタ:穀雨-新しいことを始めよう-(例文付き)
お花見

お花見は日本古来の風習で、桜の花を対象とすることが多いのですが、梅の花や桃の花でも行われます。奈良時代の花見では梅の花が鑑賞されていましたが、平安時代には桜がとって代わるようになりました。

日本人にとって馴染みの深い桜は、古くから諸行無常(しょぎょうむじょう)という言葉と結びつけられてきました。

出会い

4月は新入社員の入社、部署移動の月です。新しい出会いを大切に前を向いて歩きだしましょう。

ゴールデンウイーク
ゴールデンウィークのイラスト「GW」2

ゴールデンウイークは4月下旬から始まります。ゴールデンウイークの準備など話せることは沢山あります。

春の交通安全運動

毎年4月上旬の10日間に全国一斉の春の交通安全運動が始まります。安全運転についてスピーチしてみてはいかがでしょうか。

新年度スタート

多くの企業では3月が決算期となっております。新年度は新たな気持ちで仕事をがんばりましょう

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました