朝礼ネタ:12月31日のスピーチ(例文付き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大晦日

1115B6A3-89DA-4CC2-B35E-04D1D44B95A9.jpg

朝礼ネタ:12月31日 大晦日-年越しに蕎麦を食べる理由-

(例文)12月31日 大晦日-年越しに蕎麦を食べる理由-

スピーチ時間:およそ3分

今年も今日で最後です。

年越しといえば、家族で囲んでの年越しそばではないでしょうか?

私は緑のたぬきで簡単にそばを食べることも多いですが

ではなぜ、年越しにそばを食べるのでしょうか。

その歴史は、鎌倉時代までさかのぼります。

鎌倉時代にお寺で年を越せない程に貧しい人々に「そば餅」というそば粉で作った餅をふるまいました。

すると翌年から、そば餅を食べた人々の運気が上がり、そば餅を食べれば良いことがあるという噂が広がりました。

それから毎年食べられる様になり、それが現在でいう年越しそばとなったそうです。

そして、現在の年越しそばに込められた意味は様々で

・お蕎麦のように長生きできるように

・切れやすいお蕎麦のように不運を切り捨て、来年を幸運で迎えられる様に

・蕎麦は風雨にさらされても、日光を浴びると再び元気になることから、来年も無病息災でありますように。

という願いが込められています。

今日は仕事を早く終わらせて家族で年越しそばを食べて、来年も健康で元気に仕事を一緒に頑張りましょう!

次の日

前の日

12月のタイトル文字

カレンダーでみる12月の朝礼ネタ・スピーチ

12月の朝礼ネタ
11月≪        ≫1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日付をクリックで朝礼ネタにとびます

行事や生活でみる12月の朝礼ネタ・スピーチ

大雪【二十四節気】(12月7日頃)
雪に埋もれた学校のイラスト

「たいせつ」と読みます。大雪とは、雪が盛んに降りだす頃という意味で、山の峰々は雪をかぶり、平地にも雪が降る時期です。2021年は12月7日です。

冬至【二十四節気】(12月22日頃)
「冬至」のイラスト文字

太陽の位置が1年で最も低くなり、日照時間が最も短くなると言われている冬至。2021年は12月22日です。

2021年12月 最新のニュース・時事ネタの朝礼・スピーチ

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

コメント

タイトルとURLをコピーしました