朝礼ネタ:寒中見舞いと余寒見舞い(例文付き)

スポンサーリンク
2A3D1878-23F3-48B4-9FE9-2ADE4CCAA0B6.png

朝礼ネタ:寒中見舞いと余寒見舞い

(例文)寒中見舞いと余寒見舞い

スピーチ時間:およそ1分30秒

年も明けて、もう少し経ちましたが、皆さんの中には寒中見舞いを送った方もいるのではないでしょうか。

この寒中見舞いは、立春の頃までに出すものとされていますが、では、立春以降に出す季節の便りは何というのかご存知でしょうか。

あまり耳にしないので、知っている人も少ないかもしれませんね。

「余寒(よかん)見舞い」と言います。

立春である2月4日頃を過ぎた時期は春にあたりますが、まだ寒さも厳しい時期でもあります。

昨年末から今年にかけては例年よりも更に寒さも厳しく、立春を過ぎたと言ってもまだまだコートやマフラーが手放せませんよね。

コロナの影響もあり、連絡も疎遠になってしまっている人もいると思うので、お手紙で近況を伺ってみても良いかもしれませんね。

余寒見舞いはあまり馴染みがない季節の便りですが、遠方に住む友人や家族など大切な人に送ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました