朝礼ネタ:BIG BOSSを育てた野村克也監督の教え(例文付き)

スポンサーリンク
野球選手のイラスト(男性・アジア人)

朝礼ネタ:BIG BOSSを育てた野村克也監督の教え

(例文)BIG BOSSを育てた野村克也監督の教え

スピーチ時間:およそ2分

今話題の新庄剛志監督。BIG BOSSは阪神時代に野村監督からとても可愛がられていたのは有名です。生前野村監督が新庄が監督をやってみたら面白い、とインタビューで語っていたのも先見の明があってすごいと思いました。


野村監督は選手を動かすために言葉をとても大切にしていたのですが、会見やセレモニーでいろんな言葉や名言を語りたがる新庄は野村監督のそういった面にもシンパシーを感じていたのではないでしょうか。

野村監督が試合後の会見で話したことは通称「ボヤキ」と呼ばれて、ボヤキというワード自体が流行語大賞にノミネートされたほどユーモアのある発言が多いですね。

例えば、「マー君、神の子、不思議な子」、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」などどこかで聞いたことありませんか?

そして、野村監督の言葉で私が1番好きなのは、「金を残すは三流、名を残すは二流、人を残すが一流」という教えです。この言葉通り、亡くなった今もたくさんの人材をプロ野球界に遺しましたが、その中でも特にかわいがっていたBIG BOSSの今後の手腕に注目したいですね。

手に入れたい、朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました