朝礼ネタ:冬至-交通事故防止のデイライト運動とは-(例文付き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬至

「冬至」のイラスト文字

太陽の位置が1年で最も低くなり、日照時間が最も短くなると言われている冬至。二十四節気の1つです。

朝礼ネタ:冬至-交通事故防止のデイライト運動とは-

(例文)冬至-交通事故防止のデイライト運動とは-

スピーチ時間:およそ2分

本日は、太陽の位置が1年で最も低くなり、日照時間が最も短くなると言われている冬至ですね。

冬至の日の日照時間を、太陽の位置が1年で最も高くなる夏至と比べると、なんと北海道の根室で約6時間半、東京で約4時間40分もの差があるといいます。凄いですよね。

このように夕暮れが早くなると多くなるのが交通事故です。

今日のような陽が落ちるのが早いときは注意が必要です。

皆さんは「デイライト運動」はご存知でしょうか?

各都道府県の警察などが運送会社などに呼びかけて実施しているヘッドライトの昼間の点灯を推進する運動です。

タクシーなどでは最近は当たり前のように行われていますね。

この「デイライト運動」が事故の防止に一定の効果を出しているという調査結果が明らかになっているようで

歩行者や対向車に自分の車の存在をアピールすることで事故の発生を未然に防止することが出来るといいます。

師走を迎え、仕事も忙しくなっています。

こういう時こそ、安全な運転で事故を起こすことがないようヘッドライトの早めの点灯を心がけ、安全運転でいきましょう!

12月のタイトル文字

カレンダーでみる12月の朝礼ネタ・スピーチ

12月の朝礼ネタ
11月≪        ≫1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日付をクリックで朝礼ネタにとびます

行事や生活でみる12月の朝礼ネタ・スピーチ

大雪【二十四節気】(12月7日頃)
雪に埋もれた学校のイラスト

「たいせつ」と読みます。大雪とは、雪が盛んに降りだす頃という意味で、山の峰々は雪をかぶり、平地にも雪が降る時期です。2021年は12月7日です。

冬至【二十四節気】(12月22日頃)
「冬至」のイラスト文字

太陽の位置が1年で最も低くなり、日照時間が最も短くなると言われている冬至。2021年は12月22日です。

2021年12月 最新のニュース・時事ネタの朝礼・スピーチ

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

コメント

タイトルとURLをコピーしました