「当たり前」の朝礼ネタ厳選!5選【例文付き】

スポンサーリンク

当サイトの数ある朝礼ネタの中から、注目ワード「当たり前」をテーマにした朝礼ネタを5個まとめました。すべてそのまま使える例文付きです。朝礼ネタだけでなく雑談や営業の小話にも使えます。ご活用ください!

スポンサーリンク

「当たり前」朝礼ネタ5選

当たり前とは?言葉は相手に伝わるまで2回歪む

87A06CEA-258D-407F-8838-1625D39A14EB.png

そんなの当たり前。
このような言葉を聞くことがあるのではないでしょうか。
しかし、幼い頃から時々言われてきた「当たり前」という言葉に、ある時から違和感を感じるようになりました。

それは話し方の勉強をしているときです。
ある本に興味深い記述がありました。
「言葉は相手に伝わるまで2回歪む。自分の辞書で1回、相手の辞書で1回。合計2回」

つまり、自分と相手それぞれの育ち・価値観・体調などが異なるために、必ずしも真実が伝わっているとは限らないということです。

自分の言葉が、相手にうまく伝わっていないと感じることは誰しも一度は経験しているのではないでしょうか。

それで、当たり前という言葉は、あくまでその人の「当たり前」であり、聞いている人の当たり前ではないことがあるなと感じました。
これからは、十人十色を楽しむ力をつけたいと思います。

「ありがとう」と「あたりまえ」

D2DE256F-EDAA-4291-97F9-FA9A5FDDBAA8.png

[あ]で始まる5文字の2つの言葉についてお話しします。

[ありがとう]と[あたりまえ]です。

日常生活の中で頻繁に使われる言葉です。
一つの出来事に対しての感じ方を言葉にしたものです。

家庭にあって。

食事の支度・洗濯、掃除をしてくれている奥さんに対して旦那さんがどういう思いを抱いているか?

[ありがとう] なのか [あたりまえ] なのかで

してくれている奥さんの気持ちには雲泥の差があります。

それは感謝の思いがあるかないかです。

している側は[あたりまえ]、されている側は[ありがとう]。こうありたいものです。

しかし、現実はなかなかこのような展開にはなりません。
奥さんは [してあげている]
旦那さんは [あたりまえ]
思いはお互い様です。

しかし、改善するのは簡単です。
どちらかが感謝の思いを抱く時、二人の関係性は良好になっていきます。

その[どちらか]にあなたがなってください。

当たり前の挨拶に感謝

59BFD7C9-308F-4573-86BD-528E36EB8778.png

おはようございます。

突然ですが今日、出勤前に「いってきます」と家族に声をかけて来た人はいますか。

「いってきます」には「どこへ行っても再びここへ帰ります」の意味があるそうです。

「いってきます」と声をかければ、「いってらっしゃい」と返事があるのではないでしょうか。

「いってらっしゃい」とは「行ったら無事に帰ってきてください」という事だそうです。

昔、戦争での特攻隊員は帰らない決心から「いきます」と行って出発したそうです。

私たちが当たり前のようにこの挨拶を交わせていたとしたら、実はとっても尊い事だと思いませんか。

たとえ社交辞令のような、または決まり文句だと思って使っていても、私たちは家族や仲間、「いってきます」と声をかけた誰かに
無事に帰ることを約束しています。

今日も一生懸命働いて、あなたの帰りを待つ人のところへ帰りましょう。

そしてそれを当たり前と思わず、今日という日を無事終えることができたらあなたの社会の平和と健康に感謝しましょう。

それでは今日も一日頑張りましょう。

「ないものを数えず、あるものを数えよ」

一家団らんのイラスト「家族のくつろぎ」

私は1度、海外に旅行をしたことがあります。その時はフランスからヨーロッパを一周しました。

日本とは違う文化、建物の造りなど行く前と後では人生観が変わったように思います。

しかし、海外から帰った後、強く思ったことが一つあります。

それは日本はとても恵まれている環境だということです。

近くにコンビニがあるのは当たり前。決められた時間に電車が来て、しかも座席はとても綺麗に清掃されている。

財布をポケットに入れて歩いても盗られることもなく、なんなら落としても拾って届けてくれる。

そんな全てが当たり前の世の中になってきており、私達は時にそれ以上のサービスをも求めてしまうこともあります。

「ないものを数えずにあるものを数えよ」

と昔どこかで聞いたことがあります。

物で溢れた日本で暮らしていると、なにが便利でなにが幸せか、わからなくなってきているように感じます。

私も今ある現状を当たり前と思わず、感謝する気持ちを持って生活したいと思います。

幸せに気付く、世界がもし100人の村だったら

BC30F4CC-C766-42CD-8753-B6F5F653AD4A.png

今日は幸せについてお話したいと思います。皆さんは「世界がもし100人の村だったら」という文章を知っていますか?

インターネット上で世界的に流布され広まっていった文章だそうです。

長いので冒頭と終わりの方を抜粋します。

世界がもし100人の村だったら、57人のアジア人、21人のヨーロッパ人、14人の南北アメリカ人、8人のアフリカ人がいます。

6人が全世界の富の59%を所有しその6人ともがアメリカ国籍、80人は標準以下の居住環境に住み、70人は文字が読めません。

50人は栄養失調で苦しみ、1人が瀕死の状態にあり、1人は今、生まれようとしています。

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり寝る場所があるなら、あなたはこの世界の75%の人々より裕福で、もし銀行に預金があり、家のどこかに小銭の入った入れ物があるなら、あなたはこの世界で最も裕福な上位8%のうちの1人です。

昨日も今日も変わらない自分たちの当たり前は、決して世界の当たり前ではない事を、この文章は教えてくれます。

改めて、幸せとは何なのでしょう。

私たちはすでにそこにある幸せに気付いて自覚しなければなりません。

そうすることで感謝が生まれ、もっと幸せになれるのではないかと私は思います。興味のある方は是非、この文章を読んでみて下さい。

その他

「日常の当たり前」を見直そう

「新型コロナ」の感染拡大が収まりません。そして「ニューノーマル」という言葉が出てきました。その中に「うがい・手洗いの励行」が入ってしました。でも皆さんよく考えてみましょう。

「うがい・手洗い」って「日常の当たり前」の行動のように思えませんか?まさかコロナ禍になりテレビなどで「うがい・手洗い」の話が出てから「え?!うがい・手洗いって大切なんだ!」なんて思った人なんていないでしょ?

つまりどんなに未知のことに遭遇したとしても「日常の当たり前」を粛々と行うことはとても大切だと言うことです。

これは仕事のことでも言えると思います。「日常の当たり前」は軽く見られがちです。是非とも当たり前を今一度見直してみましょう。新しい発見があるかもしれませんよ!

完全無料!朝礼ネタの情報収集アプリ

現在の社会は「情報をどこから収集するか」が重要です。
スマートニュースでは”偏らない、バランスの取れた情報”完全無料で見ることが出来ます。スマートニュースを利用して他の人とは違う視点でオリジナルのスピーチを作ってみましょう。

\ 全てのサービスが無料で使える! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました