朝礼ネタ:電子メール返信の速度について(例文付き)

スポンサーリンク

朝礼ネタ:電子メール返信の速度について

(例文)電子メール返信の速度について

スピーチ時間:およそ3分

届いた電子メールの返信は、速度が重要です。
速度に応じて相手との信用が深まるのではと考えています。

LINEでは、見たけど返事がない既読無視と呼ばれる状態がありますが、あれはさびしく不安になりがちですね。

電子メールでもLINEほどリアルタイム性は必要ないものの返事がないという状態は、相手に対して一定の不安を与えていると想定しておくのが懸命です。

ビジネスはスピード感が重要だと言われていますが、メールコミュニケーションもビジネスの一環で、スムーズに事を進めるために相手を待たせて不安にならないように配慮する必要があります。

このような理由から、メール返信する上での自分の中でルールを設けてみてはいかがでしょうか。

まずは、必ず返信をすることを忘れないこと。

そして、例えば3時間以内にメールを返信するようにとルール決めをすること。

メールが届いてからの経過時間は短ければ短いほどよいです。

しかし、メールの内容によっては熟考や上司の承認が必要な内容が必要だったりと返信をするにも時間が掛かる場合もあります。

そんな場合は、すぐに返信しなくてもよいと判断するのは早計です。

これについても、ひとまず相手に確認しました。
追っていつまでに、ご連絡を差し上げますなどという一次的なお返事を送っておくのが健全です。

相手を安心させるためのメール返信速度の重要性は伝わりましたでしょうか。

メール返信をすることは当たり前のような考えは一般的にあるものの、その速度を意識して返信をすることを心がけてみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました