朝礼ネタ:アンガーマネジメントを用いた指導方法(例文付き)

スポンサーリンク
男性の先生に相談をしている男子生徒のイラスト

朝礼ネタ:アンガーマネジメントを用いた指導方法

(例文)アンガーマネジメントを用いた指導方法

スピーチ時間:およそ1分30秒

アンガーマネジメントという言葉が日本でも定着しつつあります。

今日はアンガーマネジメントを用いた指導方法を一つ紹介します。

アメリカからやってきたビジネススキルの一つで

仕事で部下や同僚に口入れをする時に、ストレートに叱責するのではなく本人のやる気やテンションを下げることなく注意をするという方法です。

基本的な方法というのは「ぷっ!と5秒で吐いて、同じ数だけ褒める」という方法です。

例えば、ある人が作った書類に誤字脱字がたくさんあった場合、「ここと、ここを直してね。レイアウトは良くできてるよ。」といった具合に一言で注意して、同じ数だけ褒めるという手法です。

頭ごなしに怒ったり、説教をするとお互いが気まずくなり職場の雰囲気も悪くなってしまいます。

こうした技法を取り入れることにより、組織というのは円滑に回っていくのだと思います。

2022年買ってよかったおすすめアイテム

1位:Nintendo Switch ニンテンドー スイッチ

2位:疲れにくいゲーミングチェア

3位:電動歯ブラシ フィリップス

スポンサーリンク

朝礼ネタ おすすめの本 3選

第1位:朝礼の話材280例

すぐに使える質の高い話のネタが280例掲載されています。

1冊持っている急なスピーチにも対応できるのでお勧めです。

第2位:超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48

人前に出てもあがらずにいるための極意を学べます。

明日から実践できそうなものから練習が必要なものまで様々な方法が紹介されているのでお勧めです。

第3位:元気が出る朝礼 話のネタ帳

雑学を中心にモチベーションが上がるような朝礼ネタが多数あります。

仕事ネタ
スポンサーリンク
最新の朝礼ネタ・スピーチ例文集

コメント

タイトルとURLをコピーしました